姦姦蛇螺(カンカンダラ)の呪い | ページ 3

姦姦蛇螺(カンカンダラ)の呪い

スポンサードリンク

ずっと音に付き纏われながら進んでいると、

やがて例の立入禁止区域の柵が見えて来た。

それは想像以上に異様なモノであった。

柵の異様さに圧倒され、

先程から聞こえていた不可解な音のことなど、

すっぽりと意識の中から抜け落ちた。

普段は幽霊や心霊といった類のことを、

全く信じない3人であったが、

その先にあるものが明らかに、

「非現実的なモノ」であると直感した。

それも並大抵ではない非常に危険なモノであると・・・

「まさか、そういう意味で曰く付きの場所なのか・・・?」

森へ入ってから初めて、

3人は「途轍もなく危険な場所にいるのではないか?」

と思い始めた。

A『おい、これブチ破って奥行けってのか!?』

B『誰が見ても普通じゃねえだろこれ!』

C『うるせえな!こんなんでビビってんじゃねえよ!』

Cは柵の異常な様子に怯んでいたAとBを怒鳴りつけ、

Cは持参した道具で柵を破壊し始めた。

道具で殴りつける度に、

無数の鈴の音が鳴り響いた。

だが、柵は特殊な素材でも使っているのかとも思える程、

異様に頑丈で、3人が持参した道具では、

全く歯が立たなかった。

結局、柵をよじ登ることになり、

有刺鉄線だけを排除した。

3人は柵を乗り越えた途端、激しい違和感を覚えた。

閉塞感のような、

まるで檻に閉じ込められたかのような息苦しさだ。

3人は踏み出すのを躊躇したが、

柵を乗り越えてしまった以上、

もう後戻りはできなかった。

先へ進むべく歩き出すと、すぐさま3人は気付いた。

ずっと付き纏っていたあの音が、

柵の内側に入ってから、バッタリと聞こえなくなったことに。

そして、Bが言った。

B『もしかしてさぁ、あの音の正体、ずっとここにいたんじゃねえか?』

B『この柵、こっから見える分だけでも出入口みたいなのはないしさ、それで近付けなかったんじゃ・・・』

C『んなわけねえだろ。オレ達が音の動きに気付いた場所ですら、こっからじゃもう見えねえんだぞ?』

C『それなのに入った時点からオレ達の様子がわかるわけねえだろ。』

普通に考えればCの言葉に合点がいった。

立入禁止区域と森の入口の間には、

かなりの距離がある。

だが、それは音の正体が「現実のモノ」であった場合の話だ。

もし仮に、

スポンサードリンク

「非現実的なモノ」

であれば、話は変わってくる。

次第に怯え始めていたAとBを尻目に、

Cだけは俄然強気だった。

C『霊だか何だか知らねえけどよ』

C『お前の言うとおりだとしたら、そいつはこの柵から出られねえって事だろ?』

C『そんなやつ大したことねえよ。』

そう言って先頭を切り、ずんずん奧へ進んで行った。

柵の内側に進入してから2・30分程歩き、

薄っすらと反対側の柵が見え始めたところで、

3人は奇妙な物を見つけた。

6本の木に注連縄が張られ、

その6本の木を別の6本の縄で括り、

六角形の空間が造られていた。

柵に垂れ下がっていた紙垂とはまた別の紙垂も垂れ下がっている。

そして、その中央に賽銭箱のような物がポツンと置かれてある。

それが視界に入った時、3人は言葉を失った。

さすがの3人でも、

注連縄がどんな場で何のために用いられている物なのか、

容易に想像できた。

そういういった意味でも、

ここを立入禁止としているのは間違いなく、

目の前に広がっているこの光景のためであると直感した。

続く