ヤマノケ「テンソウメツ」

ヤマノケ「テンソウメツ」

スポンサードリンク

これは東北地方のM県とY県の県境にあるT峠にて、

ある父娘が体験した話である。

冬のある休日のこと。

親子水入らずで、

ドライブを楽しむ父と娘がいた。

ごく普通の山道を軽快に走り、

途中のドライブインで昼食を取った。

ドライブインを出発した車は、

目的地を決めることもなく走り出す。

しばらく走ると、

舗装されていない脇道が、

ハンドルを握る父親の視界に入ってきた。

娘を少し怖がらせようと思い、

これへと入り込んで行く。

この時、非常に軽い気持であった。

娘『ちょっと!お父さん、やめなよ!』

娘『早く、さっきの道に戻ってよ!』

娘が制止するも、

その姿が無性に愛らしく思え、

どんどん、どんどん奥へと進んで行ってしまった。

すると、急に車のエンジンが停まる!

父親『まいったなぁ・・・』

娘『もう~だから、お父さん言ったでしょ!?』

修理しようにも父親には車の知識が全く無く、

レッカー車を手配しようにも、

山奥のため携帯電話も繋がらない。

昼食を取ったドライブインに、

歩いて戻ることも考えたが、

何時間要するのか、見当もつかない。

加えて、日も西に傾き始めていたこともあり、

娘を連れて夜の山道を歩くことは危険だと判断した父親は、

これを断念した。

やがて二人は途方に暮れてしまった。

致し方なく、その日は車中泊することにし、

翌朝、明るくなれば、

ドライブインに歩いて向かおうということになった。

やがて、日はどっぷりと沈み、

辺りは夜の闇に包まれた。

時折、風が吹き、

樹木の枝がザワザワと音を立てるぐらいで、

そこはほとんど無音の世界だった。

父親『うう~・・・さみぃ~。』

車内で寒さを凌いでいるうちに、

無駄に時だけが過ぎて行き、

やがて、助手席の娘は眠りに落ちてしまった。

父親『俺も寝るかぁ・・・』

目を閉じ、眠りにつこうとしていると、

どこからともなく、

何か聞こえてきた。

最初は何かの聞き間違いかと自分の耳を疑ったのだが、

やはり、確かに聞こえる。

テン・・・ソウ・・・メツ・・・

人の声なのか、

何かの物音なのか判断がつかない。

だが、幾度となく繰り返し聞こえてくる・・・

テン・・・ソウ・・・メツ・・・

音はどんどん、どんどん近づいて来る。

「何だ?」と思い、

運転席側のサイドウィンドウの先を見た。

スポンサードリンク

父親『!!!』

暗闇の中から、

全身が真っ白でのっぺりとした何かが、

両腕をブンブン!と振り回しながら、

この世のモノとは思えない異様な動きで、

こちらへ向かってくる!

足は一本しかなく、

ケンケンをするように跳ねている。

やがて、運転席側のドア一枚挟んで、すぐ向こうで、

ピタッと停止した。

あまりの恐怖に、

サイドウィンドウの外を見れない・・・

テン・・・ソウ・・・メツ・・・

父親『ヒッ!』

父親は小さく悲鳴を上げた。

「娘にこれを見せてはいけない!」と思った父親は、

気が狂いそうな程、恐怖心に支配されていたが、

大きな声も上げずに、じっとその場で耐えた。

どれ程の時間、そうしていただろうか・・・

やがて、「それ」は体の向きをクルっと変えると、

停車してある車の進行方向とは逆の方向に歩き始めた。

過ぎ去る間も、

テン・・・ソウ・・・メツ・・・テン・・・ソウ・・・メツ・・・

と、延々と繰り返していた。

やがて、音は遠ざかって行った。

意を決して振り向き、

リアガラスの先を見た。

父親『い、いない・・・はぁーー・・・』

異様な物体の姿が見えなくなり、

安心した父親は娘の方を向き直った。

すると、助手席側のドア一枚向こうの外にヤツが立っている!!

続く