老看護婦の忠告

老看護婦の忠告

スポンサードリンク

これは昭和初期の頃の話。

ある女性S氏は癌で入院している父親の看病のため、

日々、せっせと病院へ通い詰めていた。

入院先の病院というのは、

自宅から程遠い田舎の古い市立病院で、

死を間近にした老人達が多く入院していた。

姥捨て山よろしく、

毎日、間引かれるように老人達が、

そこへ入院させられていた。

それでもS氏は家計を支えていた母親に代わり、

父親のもとへ足しげく通い、

自分を育ててくれた恩返しということもあり、

懸命に介護した。

病院の治療は父親の老い先を考慮してか、

或いは老人達には分け隔てなくそうなのか定かではないが、

明らかにずさんで、形だけのものだった。

治療とは名ばかりの薬漬けの延命処置の中、

それでも中には懸命に介護してくれる看護婦らも居た。

取り分け、とある老看護婦に至っては、

職務を超えて父親に尽くすかのように、

日夜関わらず、とても良くしてくれた。

父親もいよいよ往生際かというある秋の日のこと。

老看護婦は父親の世話をしながらS氏に対して、

老看護婦『お父さんは、T家ゆかりのお家のご出身でしょう?』

と唐突に言った。

父親は教師で、ごく普通の家庭で育ってはいたが、

実家というのは地元でも有名な武士の家系であった。

父親の出自について、

ぼんやりと聞かされていたS氏は驚き、

S氏『何故分かったのですか!?』

と聞き返したが、

老看護婦は、はぐらかした。

間もなくして、父親の世話を終え、

病室を出て行く際に、

S氏の目を真っ直ぐ見つめ、

老看護婦『あなたは将来、Y家ゆかりの方と一緒になられるでしょう。』

スポンサードリンク

老看護婦『でも、絶対にO寺には行ってはなりません。』

老看護婦『生涯行ってはなりません。行くと必ず命を取られますよ。』

という意味深な忠告を残して去った。

O寺というのは、

家臣に謀反を起こされ、

殺害された武将が奉られている寺だ。

S氏「そう言われれば・・・」

S氏「うちはあの寺、なぜか行ったことないなあ。」

程なくして父親は他界した。

S氏は遺体を引き取り、

医師医療関係者に礼を言い、

病院を後にした。

残念ながら、

この時、例の老看護婦には会えず仕舞いだった。

父親の死から数年が経ち、

S氏は見合いをして、嫁ぐことになった。

嫁入り先はH家。

ところが結婚式当日、

Y家からの祝電が送られており、

Y家の人間がH家の親族として列席した。

不思議に思ったS氏は夫に尋ねた。

するとH家はY家の分家に当たり、

今でも親族同士の付き合いがあるとのことだった。

見合いではあったが、

全くそんな事情を知らされていなかったS氏は驚いた。

いつぞやの老看護婦は、

この事を言っていたのかと・・・

結婚して時が過ぎ、息子も生まれ、

そんな話も忘れかけていた頃。

息子が小学校の行事で遠足に行った日のこと。

家事を一通り終え、

S氏が居間で寛いでいると、

電話が鳴った。

電話は息子が通う小学校の教頭からで、

内容は息子が遠足先で高所から落下して怪我をしたとのこと。

続いて遠足に同行している担任教師からは、

担任『一先ずC君を病院へ連れて行きます。』

と、平身低頭の電話が入った。

S氏は車の免許を取得しておらず、

病院へ向かう手段がなかったため、

夫の職場へ連絡を入れ、

彼の車で迎えに行くことになった。

心配で焦るS氏。

だが、もう一つ不安なことが彼女の心中にはあった・・・

続く