奇妙な看板「巨頭オ」

奇妙な看板「巨頭オ」

スポンサードリンク

男はふとある村の事を思い出した。

一人で旅行した時に訪れた小さな旅館のある村。

心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。

連休に一人で車を走らせる。あの村へ向かうためだ。

記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。

村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、

その看板を見つけた瞬間、違和感を覚えた。

「この先○○km」となっていたはずだが、

その看板には確かに

「巨頭オ」

と記されていた。

変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。

車で進入してみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。

車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、

頭がやたら大きい人間のようなモノが出てきた。

「なんだあれは!?」

と驚愕して辺りを見回すと、「それが」周りにいっぱいいるではないか!

しかも気持ちの悪い異様な動きで追いかけてきた。

両手をピッタリと足につけ、巨大な頭を左右に振りながら・・・

車から降りないでよかった。

急発進で車を後進させ、

とんでもないスピードで国道までとばした。

帰宅してから地図を確認するも、数年前に訪れた村と、

その日に訪れた場所は相違なかった。

だが、もう二度とその村へ行こうとは思わない。