研究室に飛来する巨大な蚊

研究室に飛来する巨大な蚊

スポンサードリンク

もし、自分がこんな環境にいたら・・・

と想像しつつ読み進めて頂きたい。

生物学を専攻する一人の大学院生I氏がいる。

彼の所属する研究室がある棟には、

毎年、季節外れの蚊が飛来する。

もう11月も終わろうかという頃、

この大学院が建っている地域では、

かなり冷え込む。

研究棟には、ほぼ24時間、

誰かが詰めている。

そのため、棟内は暖房が常時効いており、

温かい状態が保たれている。

そのため、

季節外れの蚊が飛んでくるのだろうと考えられていた。

だが、この蚊というのは非常に巨大なのだ!

やがて、大学院生達の間で、

「実は生物系の研究室で遺伝子操作された蚊だ」

「あの蚊に刺された後、頭がおかしくなった人もいる」

という噂まで流れ始めた。

I氏が夜遅くまで研究室に残り、

資料をまとめていると、

何処からともなくあの忌まわしい音が聞こえてきた・・・・

ブーーーーン・・・ブーーーーーン・・・・

あの噂の真偽は定かではなかったが、

「刺されてはマズイ!」

と思ったI氏は、必死で本体を見極めようと、

音のする方を探す。

すると、一瞬目を疑った・・・

そこには体調2cmはあろうかという、

緑色の蚊が優雅に飛んでいたのだった・・・