姦姦蛇螺(カンカンダラ)の呪い | ページ 2

姦姦蛇螺(カンカンダラ)の呪い

スポンサードリンク

話は戻る。

Cは親子喧嘩の後、家を飛び出し、

不良仲間のA・Bと落ち合った。

B『父親がそこまで言うなんて相当だな。』

A『噂じゃ、あの場所、カルト教団のアジトだっけ。捕まって洗脳されちまえって事かね。』

A『怖いっちゃ怖いが・・・どうすんだ?行くのか?』

C『行くに決まってんだろ!どうせオヤジのハッタリだ!』

面白半分でA・Bが『ついて行く!』と言い出し、

結局、3人で立入禁止区域へと向かうことになった。

あれこれと道具を用意して、

出発する頃には、夜中の1時を過ぎていた。

意気揚揚と森の入口に到着し、

懐中電灯で前を照らしながら、奥へと進んで行く。

道自体は軽装でも進んで行けるような道ではあるのだが、

例の地点へは40分程、歩かなければならない。

森に入ってから5分と経たないうちに、

奇妙なことは起こった。

遠くの方から音が聞こえてくる。

夜の静けさがやたらとその音を際立たせた。

最初に気付いたのはCだった。

C『おい、何か聞こえねぇか?』

Cの言葉で耳を澄ませてみると、確かに聞こえる。

落ち葉を引き摺るカサカサ・・・という音と、

枝がパキッ・・パキッ・・と折れる音。

それが遠くの方から微かにだが、聞こえてくる。

A『動物かなんかじゃねぇの?』

B『かもな。』

C『行こうぜ。』

3人は気にも留めず、再び歩き出した。

20分程、歩き続けていると、

Cがまた何かに気付いた。

C『B、お前だけちょっと歩いてみてくれ。』

B『?・・・何でだよ?』

C『いいから早く!』

Bが不思議そうに一人で前進して、

再び2人のもとへ戻ってくる。

それを見て、Cは考え込むような表情になった。

B『おい、何なんだよ?』

A『説明しろよ!』

2人がそう言うと、

C『静かにしてよーく聞いててみろ』

と言ってCは、

Bに指示したように一人で前進して、

再び2人のもとへ戻って来た。

Cが2・3回これを繰り返した時、

残りの2人はようやく気付いた。

遠くから微かに聞こえてきている音は、

3人の動きに合わせているということに。

3人が歩き出すと、その音も歩き出し、

3人が立ち止まると音も止まる。

まるで3人の動きを把握しているようであった。

スポンサードリンク

これに気付いた2人はゾクッとした。

周囲に彼らが持つ懐中電灯以外の光はない。

月は出ているが、木々に遮られほとんど意味はなかった。

尾行している存在がいると仮定して、

3人は懐中電灯を持っているのだから、

尾行者が3人の位置を把握するのは容易いことだ。

だが、懐中電灯の明かりだけでは、

互いの姿を確認するのに目を凝らさなければならない程、

辺りは真っ暗な闇だった。

そんな暗闇の中で明かりも持たずに、

「それ」は何をしているのか甚だ疑問であった。

C『ふざけんなよ!誰かオレ達をつけてやがんのか!?』

B『近づかれてる気配はないよな・・・』

B『向こうはさっきからずっと同じぐらいの距離保ってるし・・・』

Bの言う通り、森に入ってからここまでの20分程、

音の発信源と3人の距離間は一向に変わっていなかった。

近づいて来るわけでも遠ざかるわけでもない。

終始、同じ距離を保ったままだった。

A『オレ達、監視されてんのかな?』

B『そんな感じだよな』

B『カルト教団とかなら、何か変な装置とか持ってそうだしよ』

音から察するに、

複数ではなく一人が、

ずっと3人にくっついているような感じだった。

3人はしばらく足を止めて考え、

下手に正体を探ろうとするのは危険と判断し、

一応辺りを警戒しつつ、

そのまま先へ進むことにした。

続く