大西洋で漂流した5人の壮絶なる運命 | ページ 2

大西洋で漂流した5人の壮絶なる運命

スポンサードリンク

【漂流2日目】

ジム『うう・・寒い・・・凍え死んじまう・・・』

この時期、大西洋沖の気温は、わずか4℃。

加えて、強風でみるみる体温が奪われていく・・・

ルーシー『みんな!ボートの下に潜って!!シェルターにするのよ!!』

エリザベス『ボートの下ですって!?絶対にイヤですわ!!』

ルーシー『何言ってるの!?あなた、死にたいの!?』

レオン『強風が凌げるんだ!このまま死にたくなければ、彼女の言うとおりにしろ!!』

ルーシー『そうよ、エリザベス。お願い、言うとおりにして。』

リーダーのルーシーが機転を利かせ、

全員をゴムボートの下に避難させる。

強風を避け、体を寄せ合い、体温の低下を防ぐ。

しかし、そこへ新たな恐怖がやって来た!

気配を感じたルーシーは潜水し、確認すると・・・

そこには水面下を蠢く無数の鮫。

ルーシー『!!!』

ルーシー『鮫だわ・・・みんな、鮫よ!』

船長『何だって!?』

ルーシー『早く、ボートに上がって!!』

エリザベス『きゃあーーー!!!』

ジム『うわあーーー!!!』

レオン『クソッ!鮫だらけだ・・・』

しかも、それは獰猛な人喰い鮫だった。

ジム『チキショー!人間様をなめるなよ!!これでも食らいやがれぇぇーー!!』

あろうことか、ジムはオールで鮫を攻撃しようとした。

レオン『おい!何やってる!?鮫を刺激するな!!』

レオン『ルーシー、これを碇にしたらどうだ?ボートを安定させよう。』

ルーシー『ええ、わかったわ。』

そう言ってグレンはボートに備え付けの板を海に放り投げた。

だが、この行為が仇となる。

スポンサードリンク

鮫が板に喰い付いた!

体重500kgはあろうかという巨大な鮫。

板に喰い付いたまま、5人を乗せたゴムボートを高速で引き摺る!

そのままの状態が数十分続いた。

遊び飽きたのか、やがて鮫は板を放した。

一難去ったものの、鮫の群れはゴムボートから離れない。

そして、2日目の夜を迎える・・・

その時!

ルーシー『何か光ったわ!見て、明かりよ!!』

船長『本当だ!近いぞ!みんな、光に向かって漕ぐんだ!急げ!!』

千載一遇の好機。

近くに船の明かりが。

必死にゴムボートを漕ぐ5人。

全員『おーーーい!!』

そこへ願ってもない幸運が。

恵みの雨だ。

水分を欲していた身体にはこれ以上ない、

有難いものだった。

全員は大きく口を開け、ガブガブと雨水を飲む。

ジム『うひょー!最高だぜ!!神様、ありがとよ!!』

しかし、一瞬で雨は止み、

さらに無心で雨水を飲んでいる間に、

船の光も見失ってしまった・・・

レオン『クソ!!』

ルーシー『死にたくない・・・』

続く