おかしくなった兄

おかしくなった兄

スポンサードリンク

Aの兄の様子がおかしくなった。

交際相手との一泊旅行から帰ってきたAの兄の様子が、どうにもおかしい・・・

ずっと部屋に閉じ籠り、食事にも顔を出さない。

厳格な両親を持つ彼女との初めての旅行ということもあって、

旅行前はかなりウキウキしていたのだが・・・

彼女は女友達と旅行に行くと両親に嘘をついて、兄と旅行に行ったようだ。

昼飯前にさすがに心配になったAはドア越しに声をかけてみた。

A『兄ちゃん、どうしたん?』

A『Yさん(彼女)とケンカでもしたん?』

返事がない・・・

A『・・・兄ちゃん?』

しばらくして、低くかすれた声で返事が返ってきた。

兄『Yから電話あったら…俺はいないって言ってくれ』

A『もー!やっぱりケンカかよ?』

A『まぁ、とりあえず飯くらい食べろよ』

兄『・・・・』

それから何度か呼び掛けたが、もう兄からの応答はない。

Aは諦めてリビングに戻り、母親の作った焼き飯を食べた。

夕方、自宅の電話が鳴った。

普段は母親が電話に出るのだが、買出しに出掛けていたため、Aが受話器を取った。

Yさんからだった。

Yさん『・・・Yですけど。○○さん(兄の名前)いますか?』

一瞬、本当のことを言おうか迷った。

しかし、自宅の電話にかけてくるということは、兄が携帯にでないということだ。

兄の頭が正常な状態でない今、下手なことを言ってしまって、

余計に事態が悪化することを危惧したAはこう答えた。

A『スミマセン。今ちょっと出かけてて…いつ帰るかも分からないです』

スポンサードリンク

Yさん『……見つけた』

A『・・・え?』

ガチャ。ツーツーツー・・・

何だか嬉しそうにそう言って、Yさんは突然電話を切った。

心なしか切る直前、『フフフっ』という笑い声も聞こえた気がした。

何となく嫌な気分になったAは気を紛らわすため、

録画してあったバラエティー番組を視聴することにした。

その日の夜、自宅のインターホンが鳴った。

母親『はーい!』

Y『Yですけど・・・』

時刻は午後10時を回っている。

門限が厳しいYさんがこんな時間に外出するなんて、

余程、重要な要件があるのだろう。

母親はAに「どうしようか」と目で訴えてきたが、

とりあえずこんな夜更けに女性、

ましてや兄の交際相手とインターホン越しにやり取りするのは、

気が引けたため、玄関までは入ってもらうことにした。

母親『ちょっと待ってねー』

母親が声をかけながら玄関に向かう。

その瞬間、二階から兄が何かを叫んでいるのが聞こえた。

カチャリ。

玄関を開ける音がする。と同時に!

母親『ギャーーーッッッ!!!』

母親のまさに耳をつんざくような悲鳴が聞こえた!

続く