大西洋で漂流した5人の壮絶なる運命 | ページ 3

大西洋で漂流した5人の壮絶なる運命

スポンサードリンク

【漂流3日目】

嵐は去った。

だが、5人を襲う新たな恐怖が・・・

強烈な喉の渇き、

重度の脱水症状だった。

皮膚や粘膜が乾燥し、顔面に赤い斑点が・・・

激しい頭痛や痙攣、加えて意識障害を引き起こし始めた。

ルーシー『レオン、今私達、どこにいると思う?』

レオン『さあ、はっきり分からないけど、岸から300km以上は離れているだろうな・・・』

エリザベス『そんな・・・そんなことって、あんまりですわ!』

ジム『うう・・・おしまいだ・・・』

この時、5人は岸から約370kmの地点を漂流しており、

さらに西へと流され続けていた。

日が沈むと、異常な行動を取る者が現れた。

ルーシー『ちょっと、あなた達、何してるの?やめなさい!死ぬわよ!!』

ジム『うっせー!かまうんじゃねー!!』

喉の渇きに耐えかねた船長とジムが海水を飲み出した。

ルーシーも喉の渇きは限界に達していたが、

この状況下で海水を飲むことは禁忌だということを熟知していた。

海水を飲むと血液中の塩分濃度が上昇し、

体内を流れる血液がドロドロの状態になる。

そして、血液循環に異常をきたすのだ。

その結果、恐ろしいことが起きる・・・

【漂流4日目】

船長『おいおい・・・見ろよ、あれ・・・陸だあぁぁ!!!』

ジム『陸が見えるぞ!!陸が見えるぅぅ!!!ハハハハハ!!!』

勿論、そこに陸などあるはずもない。

レオン『落ち着け。ここは大西洋のど真ん中だ。陸などありはしない・・・』

ジム『黙れ!!俺には陸が見えてんだあぁぁ!!』

2人は海水を飲んだことによる幻覚症状を引き起こしていた。

血液がドロドロの状態になることで、

脳に十分な酸素が行き渡らなくなり、

それに反応して脳が大量のドーパミン(快楽物質)を分泌する。

そして、幻覚症状を引き起こすのだ。

覚醒剤など違法薬物を摂取した時と同じ状況に陥っていた。

船長『ちょっと、みんなここで待っててくれ!車を取ってくるよ。』

レオン『そんな物、どこにあるんだ?』

ルーシー『そうよ、グレンの言うとおり。車なんて無いわ・・・』

船長『えへへへ・・・ちょ、ちょっと、い、行ってくるよ。』

そう言って、船長は海に飛び込んだ。

エリザベス『あなた、何なさってるの?早く、お戻りになって!』

船長が飛び込んだ海の中には、人喰い鮫の群れ。

ありもしない陸を目指して必死に泳ぐ。

そして、彼は鮫の餌食となり、帰らぬ人となった・・・

エリザベス『そんな・・・死んでしまい・・・ましたの?』

絶望感がボートの上に漂う。

特に最愛の夫を失ったエリザベスは生きる気力を失い、

みるみるうちに衰弱していった。

ルーシー『なんとかしないと・・・』

レオン『・・・』

スポンサードリンク

さらなる幻覚が4人を襲う。

ジム『ちょっくらコンビニ行って、ビールと煙草買ってくら。』

レオン『コンビニなんて行けるわけないだろ。俺達、海の上で漂流しているんだぞ?』

ジム『なーに、すぐ帰って来っから、待ってろって。へへへ・・・』

そう言うとジムは海に飛び込んだ。

ルーシー『何やってるの!?早くボートに戻りなさい!』

ジム『嫌だね。今からコンビニ行くんだからさ・・・へへ。』

その時!!

バシャバシャバシャ!!

海面の一部がジムの血で染まった。

ルーシー『きゃあーーーー!!!』

残る3人にはこの状況から生還する手立ては何もない・・・

そして、漂流4日目の夜を迎える。

エリザベス『フーッ、フーッ、フーッ、フーッ・・・』

夫を失ったエリザベスに異変が。

エリザベス『うぎゃあぁぁーーーー!!!』

突然、ルーシーに掴み掛かり、首を絞め出したのだ!

ルーシー『あっ・・・うぐっ・・・や・・・やめ・・な・・・さい・・・』

エリザベス『あがあぁぁぁーーー!!!』

それを見ていたレオンは無い力を振り絞って、

エリザベスをルーシーから引き離した。

エリザベスの瞳は狂気に満ち溢れ、

完全に正気を失っていた。

夫が死に、助かる見込みもない状況下で、

心が壊れてしまったのだ。

レオン『彼女はもうダメだな・・・』

静かに頷くルーシー。

続く