いとうあさこ氏が無人島で体験した恐怖話

いとうあさこ氏が無人島で体験した恐怖話

スポンサードリンク

7、8年くらい前になるんですけど、

番組の企画で半年間ほど無人島で生活するというのがあったんです。

無人島に到着してから2、3ヶ月が過ぎた頃、

食料が無くなって、皆その辺に生えている草を食べたりしてて・・・

もう全員が鬱々として「早く島から出たい」という気持ちが、

ピークに達していたんだと思います。

そんな時にいつもは360度見渡せる海に、

大きな船が通るのが見えたんです。

番組的には絶対NGなんですけど、気持ち的に極限だったこともあって、

皆で草を集めて狼煙を上げて、

『SOS!!SOS!!』と大声で助けを求めたんです。

2、30分程そういうことをやっていたら、

船が向きを変えてこっちにやって来てくれたんです。

「はぁ、これで助かった・・・」

と思っていたら、船がだいぶ近づいてきた時に、船乗りさんでしょうかね、

4人くらいが海に降りてこちらにやって来てくれたんです。

それで『良かった良かった』と皆で言ってたら、

島の影で待機していたスタッフのボートがやって来て、

船乗りさんと揉め出したんです。

それでスタッフさんが相手の船に乗って、

船乗りさんに何か渡しているのが見えたんです。

それをきっかけにして、こちらに向かって来ていた船乗りさん達も、

皆船に戻って行ってしまったんですよ。

私達も助かると思っていましたし、

何が起こったのかわからず唖然としていたんですね。

そしたらそのスタッフさんが戻ってきて、

説明してくれたんですけど、

どうやらそれは海賊船だったらしいんです。

ただ助けに来てくれたわけじゃなくて、

裸同然の女子がたくさん居るということで襲いに来ていたんだそうです。