本家に伝わる錆びた槍

本家に伝わる錆びた槍

スポンサードリンク

S氏の実家は岩手県の由緒正しい親戚縁者を統括する本家の家系だ。

この本家というのは三百年程の歴史があり、代々その土地を治める権力を持っていた。

屋敷も長年の経年劣化による老朽化は見られるものの、大層立派な造りである。

田舎ということもあり、非常に小さなコミュニティーで形成されており、

人口は少なく、村人の大半が血縁関係にある。

さて、これはS氏が小学生のある夏の話である。

親族数人の大人達が彼の家の囲炉裏のある部屋に集まり、

小声で何かを話していた。

S氏の祖父がその中で一番の年長者だった。

いわば、取りまとめ役である。

S氏と彼の従兄弟は大人達が何を話しているのかと興味を持ち、

こっそりと盗み聞きすることにした。

『・・・どうすん・・・部屋・・・』

『空いて・・・近づくしかね・・・閉め・・・』

大人達の会話に耳を傾けるが上手く聞き取れない。

しばらくするとS氏達の存在に気付いた一人のおじさんが、

凄まじい勢いで近寄ってきた。

スポンサードリンク

『おめら、何もきぃてねぇべな!?きぃてねぇべな!?』

凄い剣幕で彼らを問い詰める。

普段はとても温厚な人物だったということもあり、

その形相に驚いた二人は『何も聞いてない!』と即答した。

するとたちまちにいつもの優しい表情に戻り、

『そうか・・・』と言って、胸を撫で下ろした。

時期はお盆のことである。

普段から大人達には『お盆の海では絶対に泳いではいけない』と言い聞かされていた。

しかしS氏は毎年、この言いつけを守らず海で泳いだり、釣りをしたりしていたが、

特に事故や霊的現象に見舞われることもなかった。

そのため子供を海に近寄らせないようにするための、

ある種教訓程度にしか捉えておらず、大人達の忠告を軽視していた。

この年は親戚のおじさん同伴のもと、海へ出かけて行き、釣りに興じていた。

S氏達がはしゃいでいる傍ら、おじさんの様子がおかしい。

とても落ち込んでいるようだった。

子供心に心配したS氏は、『どうしたの?』と声を掛けるも、

『どうもしねえから、どうもしねえから』と、上の空で返答するばかり。

子供だったS氏はこれ以上追及することなく、

特に気にすることもなく、再び釣りに興じた。

この日は不漁であったため、昼過ぎには引き上げ、自宅で昼寝をすることにした。

夕方に目が覚めたS氏は午前中の成果に納得がいかなかったため、

夜釣りに連れて行ってくれるよう例のおじさんに頼んだ。

普段であれば『あべ、あべ(行こう、行こう)』と快く、引き受けてくれるのだが、

この日に限っては、S氏の要求を断固拒否し、『今日はやめとくべ』の一点張り。

どうしても夜釣りに出掛けたかったS氏は、こっそりと家を抜け出して、

従兄弟と二人だけで、海に向かうことにした。

海に到着すると辺り一面真っ暗な闇で、波が打ち寄せる音が聞こえる。

ザザーーーー・・・・ザザーーーーー・・・・

釣りをしていると、従兄弟が話しかけてきた。

従兄弟『おい、S。何かあっちさ、人立ってねは?』

指差す先を見たが、そこは海のど真ん中。

コの字型の岸壁のど真ん中で、

確かに人影らしきモノが海の上に立っているのが確認できた。

最初は、舟の上で漁師が何か作業をしているのだろうと思っていたのだが、

どうやら、そうではないらしい。

というのも、よくよく見てみると、そもそも舟事体がない。

きっとあれは幽霊だと思った彼らは、怖がるどころか逆に楽しくなり、はしゃぎ始めた。

騒いでいるとS氏達が家にいないことに気付いたS氏の祖父と例のおじさんが、

車で彼らのもとにやって来た。

続く