絶対演奏してはいけない曲

絶対演奏してはいけない曲

スポンサードリンク

これはH氏とその友人G氏・Y氏の身に起こった恐怖体験談である。  

ある日、彼ら三人が集まって談笑していた時のことである。

友人G氏というのは音楽活動をしていてる青年だ。

彼は先日、

とある音楽関係の先輩から絶対演奏してはいけないという曲」の譜面を受け取ったのだという。

友人G氏はそういう類の話を全く信じないタイプの人間であった。

G氏『おい、この曲吹いてやろうか?』

H氏『よせやい、もしマズイことになったらどうすんだよ。』

Y氏『いいじゃねーか。おもしろそうだし、おいY、いっちょ吹いてくれよ!』  

G氏は楽器を取り出し、H氏らの前でおもむろに吹き始めた・・・・

正直腕はかなりいい。

内心不安はあったが、感心しながら聞きいってしまっていた。

その曲というのは、なんだか人間が話しているのを音符にした、

という感じの曲だった。

H氏はG氏がかなり大変そうに吹いている姿を、

「何か起きないか」という期待と不安の入り混じった複雑な感情で聞いていた。

しかし案の定何も起こることはなく、5分強の時間が過ぎて演奏は終わった。

Y氏『なんだよぉ~。何も起こらなかったじゃないかー』  

肩すかしを食いながらも、心のどこかで安堵した。

そのまま、その日は解散となった・・・

次の日の夕方、H氏の携帯電話が鳴った。

それはG氏からだった。  

G氏『おいH、Yのこと聞いたか?』

H氏『Y?Yがどうしたの?』

G氏『いや、実はな。昼過ぎにあいつから俺のところに電話があってよ。』

H氏『ああ、それで?』 G氏『あいつ、今朝起きると前歯が引っこ抜かれてたんだってよ!』

G氏『でな、歯医者に行って診てもらったらさ、こう言われたそうだよ。』

『何か物凄い力で抜き出されてい  』

この電話を受けてH氏は「次は自分の番かもしれない」と思ったという。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする