中庭の小屋から出てくる女の子

中庭の小屋から出てくる女の子

スポンサードリンク

これは心霊体験などしたこともない男の子Rの話である。

彼の母親の生家はF県のとある村にあった。

学校の夏休みと冬休みには母親の帰省についていくのが、

毎年の慣例となっていた。

母親の生家は元々、旅館業を営んでいたのだが、

この頃には既に廃業していた。

Rの寝室は毎度決まっており、

かつて客室として使用していた1階の一部屋である。

設置されているテレビというのはブラウン管の物で、

モノクロの映像しか映さない。

扇風機も年季が入っており、タイマー機能などもなかった。

そんな古めかしい備品で埋め尽くされた部屋である。

Rはその旅館で名前も知らない女の子と毎年遊んでいた。

女の子は水玉のワンピースを着用し、オカッパ頭。

不思議なことに、夏も冬も全く同じ服ばかり着ているのだ。

彼女はいつも旅館の中庭にある小屋から出てきては、

『鬼ごっこしよ!』と誘ってきていたため、

彼らは旅館の敷地内でよく鬼ごっこをして遊んだ。

この女の子と初めて知り合ったのはRが幼稚園児の頃。

年月を重ねるごとにRは成長し、

身長もすくすくと伸びていき、

やがて、女の子の背丈を追い越したのだが、

一向に彼女の体格の変化は感じ取れなかったのだという。

Rは「この子はなんで大きくならないんだろう?」と、

ある時から、不思議に思うようになった。

Rが小学4年生の夏を境に、

女の子はパタリと姿を見せなくなった。

それ以降、一度も会うことはなかったのだという。

大人になったRがこの体験を思い起こした際に、

あれは心理学や精神医学で言うところの、

「イマジナリーフレンド」というものだったのかもしれないと結論付けようとしたのだが、

それでは筋が通らなかった。

そもそも「イマジナリーフレンド」というのは、

本人の空想の中だけに存在する人物であり、

周囲の人間は一切認識していない存在なのだが、

この女の子については、

彼の祖父も子供の頃に同じ背格好、

同じ服装の女の子と鬼ごっこをして遊んだ記憶があると言うのだ。

しかし祖父もまた、彼女の名前については覚えていないとのこと。

そして、彼もまた小学4年生の頃を境に、

彼女を見掛けなくなったのだと言う。

後になって、知らされたのだが、

女の子がいつも出てきていた中庭の小屋の中には、

古い石碑が立っていたのだという。