大好きなラーメン屋のおじちゃん

大好きなラーメン屋のおじちゃん

スポンサードリンク

G氏の母親の友人に古くから親交のあるラーメン屋の店主が居た。

彼はI県のとある場所にて店舗を構え、

それを営んでいた。

建物は年季が入っており、老朽化が進んでいる。

G氏が幼少の頃、母親に連れられて、

よくそのラーメン屋を訪れていた。

というのも母親はこの店で、

アルバイトとして雇われていたのである。

加えてG氏には妹がおり、

彼女も一緒にラーメン屋について来ていた。

G氏達が遊びに行くたびに、

ラーメン屋の店主であるおじさんがいつも遊んでくれていた。

彼は喘息を患っているのか、いつも咳き込んでいる。

しかし、G氏達にはとても優しく接してくれており、

彼らはおじさんのことが大好きだったのだ。

ラーメン屋の構造は、

入ってすぐの所が店舗、その奥が厨房、

さらにそのまた奥におじさんの住まいである茶の間や寝室、

風呂トイレがある。

2階は物置として使われており、

G氏達はそのスペースで遊んでいた。

2人して、1階にいるおじさんを呼ぶと、

すぐ2階に上がって来て、相手をしてくれる。

物置に保管されている物品について説明してくれたり、

かくれんぼに付き合ってくれたり・・・

そんな事が何回か続いたある日のこと。

母親が店舗で働いている傍ら、

G氏達は毎度のように、2階からおじさんを呼んだ。

G氏達『おじちゃーん!あーそーぼー!』

おじさん『はいはい。ちょっと待ってねー。』

間もなくして、おじさんが2階に上がって来て、

いつも通り遊んでくれる。

G氏達『今度はおじちゃんが鬼ね!』

おじさん『はいよ。』

無精髭が目立つ、いつもの優しい笑顔。

2人はこの笑顔が堪らなく好きだった。

そう、大好きだった・・・

G氏達『鬼さんこちら!手の鳴るほうへ!』

2人はドンドンドンと階段を駆け下りて行く。

スポンサードリンク

母親『こら!あんた達!静かに遊びなさいな!!』

母親『もう騒ぐでないよ。』

母親は店の客のほうを見ると、

母親『お客さん。ごめんなさいね。』

客『いやいやいや。気にせんで。子供は元気が一番!なっ!がっはっはっは!!

母親『ところで、あんた達、2階で何してたのさ?』

G氏『おじちゃんに遊んでもらってた!』

急に母親と客はきょとんとした顔になった。

母親『そ、そうかい!静かにするんだよ。いいね!』

G氏達『はぁ~い。』

母親『お客さん。ごめんなさいね。子供の言うことだからさ。堪忍しとくれよ。』

客『い、いいってことよ・・・』

その日を境に母親はラーメン屋のアルバイトを辞めた。

従って、2人もラーメン屋に行くことはなくなった。

それから年月が経ち、G氏は成人し、

実家を出て、就職した。

G氏が帰省した際に例のラーメン屋の話が持ち上がった。

G氏『かあちゃん。そういえばさ、ラーメン屋のおじちゃん、まだ元気してる?』

G氏『久しぶりに会いてえなー。』

母親『・・・』

G氏『なっ!折角だし、明日行こうよ!おじちゃんとこ。』

母親『そういや、言ってなかったっけかね。』

G氏『なになに?なにを?』

母親『あんた達を最後に連れてった日、覚えてるかい?』

G氏『覚えてるよ。かあちゃんにこっぴどく怒られた日だろ?』

母親『ああ・・・おじちゃんはね、あの前の日に亡くなってるんだよ。』

母親『あの日だけ、仕方なく店を開けることにしたんだけどね・・・』

G氏『えっ・・・?じゃー・・・あの日』

母親『おじちゃん、最後に遊んでくれたんだろうね。』