息子からのメッセージ

息子からのメッセージ

スポンサードリンク

ある夫婦には4才になる息子ともう一人娘がいる。

この息子はある時、白血病を患って入院してしまった。

小児白血病というのは進行が速い。

昔に比べれば死亡率は飛躍的に下がったとはいえ、まだまだ恐ろしい病気である。

妻とその夫は祈るような気持ちで毎日病院へ通っていた。

ある日、彼女の叔母が見舞いにやって来た。

叔母は霊や呪いという類のものを信じている上に、非常にお節介な人物だった。

自称霊能者という人間を病院に連れてきて、病室で息子を霊視させたのだという。

その霊能者曰く、

霊能者『この子には悪霊が憑いている。』

霊能者『今すぐ除霊しないと連れて行かれてしまう』

姉夫婦は半信半疑ながらも、藁にもすがる思いで除霊を依頼した。

ただ、病院から息子を連れ出すわけにはいかなかったので、家で除霊の儀式を取り行った。

しかし、子供の病状は一向に良くならない。

霊能者『悪霊の力は思いのほか強い』

霊能者『一刻も早く連れ出して除霊しないと、子供は地獄に堕ちてしまう』

その直後、子供の容態が急変した。

まだまだ甘えん坊だった息子は母親の手を握りしめながら、

息子『ママ怖い……ママ怖い……』

と言いながら息を引き取った。

このことが原因で夫婦は離婚し、母親は長女を引き取って、一旦実家に戻った。

しかし、彼女の心には『子供は地獄に堕ちる』という言葉が重くのしかかっていた。

地獄で苦しむ我が子の姿を想像すると、気が狂いそうになる。

それこそ地獄のような日々……

それから数日が過ぎ去り、彼女が荷物を整理していると、

息子が使っていた落書き帳が出てきた。

子供が描き殴った乱雑な絵ばかりだったが、ページをめくるたびに涙が零れ落ちる。

彼女の目が最後のページに吸い寄せられた。

病院から落書き帳を持って帰った時、そこには何も書かれていなかったと記憶している。

だが、今見るとそのページには文字が書かれている。

鉛筆書きの拙い字でたった一言。

「だいじょうぶ」

それを見た瞬間、彼女は「これは息子があの世から送ってくれたメッセージだ」と思った。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする