雨合羽を着た中年女

雨合羽を着た中年女

スポンサードリンク

「大無間から光へ。」

これが理解できる人間は山好きの証拠である。

これはどういうことを意味するのかというと、

静岡県中北部、赤石山脈最南部の光(てかり)岳から、

南東にのびる山陵に位置する山の名称が大無間山である。

つまり、大無間山→光(てかり)岳ルートということになる。

このルートというのは人の気配がなく、

獣道が縦横無尽に入り乱れており、

一歩間違えると遭難する恐れが非常に高いルートだ。

2001年夏。

山行(山遊びのこと)の終盤、

加々森山から光岳へ抜ける二人がいた。

この二人を仮にU氏とJ氏とする。

この日の加々森山は天候が悪く、陰欝な状態だった。

見晴らしが利かず、暗く寂しい。

鹿の骨が散乱する暗い深南部の森も、

いい加減飽きてきていたということもあり、

会社には休暇の延長を申請して、

明るい長野県の聖山まで足を延ばそうということになった。

よって、ほとんど加々森山には留まらず、先を急いだ。

起伏が連なり、ほとんど消えかけた獣道をしばらく進んでいると、

やがて急な下りに。

先行していたJ氏が舌打ちをして急に立ち止まった。

J氏『うわ!わりぃ・・・ルート間違えた。』

地図を確認すると、確かにこんなに下っていない。

光岩へ右に行く所を直進してしまい、

尾根をかなり下ってしまったようだった。

溜息をついて戻ろうとしたが、ぬかるんだ急斜面。

ずるずると滑って、来た道を上るのは結構骨が折れそうだった。

U氏『まぁ、場所はだいたいこの辺だから、少しトラバース(横断)して、上りやすいとこから、行こうや。』

意気消沈しながらも、しばらくトラバースすると急に開けた場所に出た。

紫の原っぱ・・・

窪地いっぱいに広がるミヤマトリカブト。

素晴らしくきれいだった。

U氏『こんな場所があったのかぁ。』

見回せば、この窪地から上へと小さな道が続いている。

取り敢えずルートに戻れそうだった。

二人は少しほっとした。

その時、トリカブトの群落から派手な雨合羽を着た中年女がスーっと現れた。

中年女『助かるわぁ。道に迷ったんよ。お兄ちゃん達、光岳まで連れてってよ。』

スポンサードリンク

何故かJ氏はこの時、震えていた。

U氏『まぁ、ルートはこの上だと思うんです。この道悪いかもしれんけど。』

自分達も迷ってしまっていた事を棚に上げて、

U氏は自信満々に言った。

というのも、現在地がおおよそ把握できてきていたからだ。

U氏『じゃあ行きますか?』

ところが、U氏が先に行こうとした途端、

J氏がU氏の腕をグッと掴んで、搾り出すような声で呻いた。

J氏『俺たちは後から行くから、あんた、先に歩け・・・』

中年女は小さくお辞儀をして、先に坂を登って行った。

が、遅い。

大した坂でもないというのに這いずるような格好で辛そうに歩く。

あまりに遅いペースに苛立ったU氏は、

「先に行ってルート見てくるから、おばさんは後からゆっくり来なよ」

と、伝えに行こうとした、

その時。

J氏が呟いた。

J氏『こいつに後から付いて来られるのは嫌だからな。絶対見える位置がいい。』

先程のJ氏の様子といい、U氏はさすがに気味が悪くなってきた。

するとU氏は違和感に気づき、こう思った。

U氏「このおばさんはどこに行くつもりだったんだ?」

U氏「光岳より南から、こんな装備で来るはずがない。」

U氏「光岳から来たんなら、こんなところには、まず来ない。」

よくよく中年女を観察すると、

なんだかぐにゃぐにゃと歩いている。

U氏『ねぇ。どっから来たんですか?』

U氏の問いには一切答えず、中年女は言った。

中年女『ねえ、前。代わらない?』

J氏『代わらない!速く行けよ!』

J氏が怒鳴る。

中年女『ねえ、前。代わらない?』

ぐにゃぐにゃと歩く中年女の後をしばらく付いて登った。

この間、4・5回程、同じ問答をした。

U氏はいつの間にか、すっかりと怯えていた。

だが、グイっと急斜面を登ると突然本道に出た。

U氏「あぁ、良かった。戻ったぁ。」

と思った瞬間。

バキン!!

と、大きな音を立てて中年女の首が直角に曲がった!

そして、女はスーっと来た道を下りて行った。

U氏は一瞬、何が起こったのか理解できず、

硬直したまま、その場でしばらく動けないでいた。

数十秒間の間、その状態が続いたが、

ハッと!正気に戻り、光岳の山小屋まで物凄いスピードで歩いた。

その晩、J氏は言った。

J氏『おまえ、あのおばさんの雨合羽のフードの中の顔見たか?』

J氏『あの女、普通じゃなかったぞ。』

J氏『目も鼻も口の中も、全部土がいっぱいに詰まっててさ・・・

J氏『あんなのにぴったり後ろに付いて歩かれるのは、俺は絶対に嫌だね。

と。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする