地獄に堕ちました

地獄に堕ちました

スポンサードリンク

とある病院に余命3ヶ月の女の子が入院していた。

ある日、女の子の友達が2人お見舞いに来てくれた。

女の子の母親は『記念に写真』を撮ろうと提案した。

勿論、娘には余命3ヶ月であるということは知らせていない。

母親は自分の娘を真ん中にして、3人をフレーム内に入れ、

シャッターを切った。

それから一週間後、

彼女の容態は急に悪化し、

3ヶ月ともたずに息を引き取ってしまった。

葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻した母親は、

病院で最後に撮影した写真の事を思い出した。

それを現像に出して、受け取りに行った。

だが、娘の最後の写真だけがなかった。

母親『あのぉ~、病室のベットで女の子が3人並んで写ってる写真ありませんでした?』

写真屋『ああ、あれね・・・いや、現像に失敗しちゃいまして・・・』

母親『困ります!娘の生前の最後の写真なんです!なんとか現像して下さい!!』

ここは譲れないと思った母親は、

しつこく食い下がった。

写真屋は母親の気迫に圧され、

渋々、例の写真を取り出すと、

写真屋『見ない方がいいと思いますけれど・・・驚かないで下さいね』

と言って、写真を差し出してきた。

その写真を見て、母親は言葉を失った。

そこには3人の女の子が仲良く並んで写っている。

しかし、自分の娘だけが、まるでミイラのような姿であった。

母親『ど、どうゆうことですか?・・・これ・・・』

写真屋『・・・私はなんとも申し上げられませんがね・・・』

写真屋『もしなんでしたら、お寺さんにでも相談されたらどうですか?』

母親は写真屋に紹介された寺に例の写真を持参し、

住職に相談することにした。

母親『あのぉ~、この写真なんですが・・・』

住職『!!!』

写真を見た住職は非常に驚いた表情のまま、

固まってしまった。

それから、母親は何度も問い詰めたが、

住職は何も答えようとはしない。

ただただ、沈黙している。

やがて、母親は号泣しながら頼み込んだ。

すると住職は重い口を開く。

住職『お母さん、気をしっかり持って、聞いてくださいね』

母親『わかりました・・・』

住職『残念ですが、あなたの娘さんは地獄に堕ちました』