大学の寮に飛んでくる生首

大学の寮に飛んでくる生首

スポンサードリンク

大学生M氏は大学の寮に入居していた。

ある年の5月にそれは起こった。

この大学の寮というのは古戦場の近くに建っており、

さらに近所には戦死者の霊を祀るお寺があった。

そして、寮の隣の竹林には首塚があり、

M氏が入居している真下の部屋では以前、

首吊り自殺も発生している。

従って、霊感が少しでもある人間は、

この寮には入寮するどころか近寄りもしなかった。

入居している学生というのは霊感など一切なく、

ましてや寮に入寮するまで、

金縛りのひとつも経験したことがないような人間であった。

しかし、大抵入寮して2、3ヶ月以内には奇妙な体験をするのだという。

その年、新入生のAはM氏の部屋の廊下を挟んで向かいの部屋へ入寮してきた。

Aの部屋は窓から竹林が臨め、

数ある寮の部屋の中でも、奇妙な体験をする学生が一番多い部屋だった。

しかし、Aは全くそのようなことは気にしてない様子であった。

ゴールデンウィーク中のこと、

寮に入居している学生のうち予定のない者達が集まり、

麻雀をすることになった。

そのメンバーの中にはAもいた。

麻雀に興じていると、

寮で起こる奇妙な現象についての話題が上がった。

M氏『A、お前そろそろ体験したんか?』

A『すこしだけっすね』

M氏『お前の前にあの部屋におった先輩は、「窓開けて寝てたら竹林から生首が飛んできた!」って言っとったぞ』

A『ええ、飛んできましたよ。』

M氏『!!・・・で、どうした!?』

A『別にどうも。』

A『なんか金縛りとかになって腹立ったんで、「やれるもんならやってみろ!」て思ってたら消えました。』

M氏『・・・』

それから数週間後の5月末頃、

Aはバイクでツーリング中に大きな交通事故を起こし、

首の骨を骨折した。

救急車で病院へ搬送されたのだが、

4日もの間、昏睡状態が続き、息を引き取った。

その後も、この寮では奇妙な現象が絶えないのだという。