一家の守り神

一家の守り神

スポンサードリンク

ある一家が土地と家を購入して引っ越ししてきた。

この一家というのは周囲が羨むような仲の良い一家で、

笑いが絶えない家族であった。

家族構成はE子氏を中心に祖母、両親、兄、妹の6人家族である。

しかし、庭に家屋の増築をしたことをきっかけとして、

家庭環境がおかしくなってしまうこととなる。

父親は酒をほとんど呑まない人間であったが、

理由もなく飲酒量が増え、

暴力こそ振るわなかったが、

大声で怒鳴り散らすようになった。

就職が決まっていた兄はそんな父親に嫌気が差し、

会社の寮に入るという名目で家を出て、音信不通となった。

祖母と妹は自宅内で事故死した。

妹の遺体の第一発見者は母親で、そのショックから、

怪しい拝み屋のところに通い詰めるようになり、

家事をほとんどしなくなった。

家を増築してからのわずか3ヶ月の内に、

これだけのことが起きた。

さて、この話の主人公E子氏には、

ずっと夢だ幻覚症状だと、

自分に言い聞かせて誤魔化していたことがあった。

増築をしてから、

見知らぬ3人家族を家のあちらこちらで目撃するようになったのだ。

最初に目撃した場所は庭。

父親らしき男、母親らしき女、子供らしき男の子。

服装は戦時中の日本人が着ていたような格好で、

3人が記念写真のように立っているのだという。

口元だけがにやにやと笑っており、

何だか小馬鹿にされているような印象だった。

毎度、E子氏が彼らの姿に気づくと、

2、3秒経ってからすーっと消え失せる。

そんなある日、

一匹の野良猫が庭に迷い込んできた。

猫はE子氏が学校に登校する時と帰宅する時、

必ず玄関に居て待っている。

そんな日々が続いた。

この一家は動物を飼ったことがなかったため、

その猫がかわいくてしょうがなかったE子氏は、

両親が機嫌のいい時を見計らって説得し、

この猫を家族の一員に迎える了承を得ることに成功した。

鼻の辺りにほくろのような模様があったため、

この猫を「ハナちゃん」と名づけることにした。

ハナちゃんの存在はE子氏にとって、

安らげない家の中で唯一の慰めであった。

ハナちゃんが一緒にいる時は、

なぜかあの家族を目撃することはなかった。

飼い始めてから2ヶ月くらい経った頃、

ハナちゃんは急に死んでしまった。

毎朝、

家族の誰よりも1番早くに起きるハナちゃんが起きてこなかったため、

ハナちゃんお気に入りの部屋を探すと、

冷たくなっていた。

あまりに突然のことで、

ショックを隠し切れず、納得できなかったE子氏は、

懇意にしていた獣医に見せ、

死因を尋ねることにした。

獣医曰く、

『心臓麻痺ではなかろうか』との見解であった。

E子氏はこの3ヶ月の間に起きたことに加え、

唯一の心の拠り所だったハナちゃんが他界してしまったことで、

精神のバランスを崩し、

全てがどうでもよくなった。

それまでは明るく快活な性格の彼女であったが、

感情を表に出すことをしなくなり、

人間性が一変してしまった。

ある晩、ふっと目を覚ますと、

例の3人家族がベッドの脇に立ってE子氏を見下ろし、

不気味な口元で、にやにやと笑っていた。

しかし、完全に無気力状態であったE子氏は、

「勝手に笑ってれば・・・」程度にしか思わなかった。

スポンサードリンク

と、その次の瞬間。

物凄い剣幕で怒っている猫の大きな顔が浮かび上がり、

父親らしき男に噛みついた!

すると突然、

3人家族は驚愕の表情に変わり、すーっと消え失せた。

E子氏は突然現れたこの猫の大きな顔に恐怖を感じたのだが、

次の瞬間、猫の顔は穏やかな表情に変わった。

それは見覚えのある顔だった。

鼻の横のほくろがはっきりと見て取れたのだ。

E子氏の目には涙が溢れ出し、

『ハナちゃん!!』と叫んだ。

すると次の瞬間、

猫の顔もすーっと消えてしまった。

翌朝、珍しく母親が早起きしていた。

何故こんなに早起きしたのか尋ねると、

『寝ていたら、布団の上から猫の足のような感触でつつかれ、目が覚めた』

と、答えた。

この時、E子氏は抑えていた感情が一気に溢れ出し、号泣した。

母親とE子氏の泣き声に驚いて起きて来た父親に対して、

E子氏『酒を呑んで怒鳴るのは止めて!!』

E子氏『拝み屋に行くのも止めて!!』

E子氏『こんなんじゃ、おばあちゃんと妹があの世にいけないよ!!』

と、必死に訴えかけた。

彼女の気迫に圧され、心を打たれた両親は、

これまでの自分達の行いの愚かさに気づいた。

この日以来、

父親は家中の酒という酒を全部捨てて病院に通い、

母親は拝み屋に行かなくなり、家事をするようになった。

そんな日々が続いたある日、

音信不通だった兄から連絡が入る。

内容はこうだ。

兄『毎晩、駅からの帰り道の途中で自分を待っている子猫がいる。』

兄『自分は寮住まいだから飼ってあげられない。』

兄『放っておくのも可哀想なので、そっちで面倒みてくれないか?』

これを受けて、

ハナちゃんには申し訳ないと思ったのだが、

家族会議の結果、

兄の申し出を引き受けることになった。

ある日の夕方のこと。

E子氏は学校から帰宅し、1人で留守番をしていた。

台所でテレビを見ていると、近くで寝ていた子猫が急に飛び起き、

廊下に走って行った。

と同時に、廊下でバタバタバタ!と玄関に向かって、走る音が聞こえた。

「何事か!?」と驚いて廊下に出ると、

子猫が毛を逆立てて、玄関に向かって何モノかに威嚇している。

子猫『フゥーーーーッ・・・』

しばらく様子を伺ていると、『フィギャアアア!!』と子猫が鳴いた。

E子氏『よしよし。追い払ってくれたの?』

子猫『ゴロゴロゴロゴロ・・・』

E子氏が子猫の喉を撫でてやると、脛に顔をこすりつけて来る。

こういったことが度々起こっていたのだが、

次第に頻度が減り、全く起きなくなったのだという。

これは後に判明したことなのだが、

この辺り一帯は戦時中、

敵国の空襲を受けて、焼け野原になってしまったそうだ。

地獄の業火と熱風から逃れようとし、

敷地内に井戸があった家庭はそこに避難したのだという。

だが、運悪く2度目の空襲でいくつもの井戸が潰されてしまい、

避難していた人々が生き埋めにされたのだという。

例の3人家族というのは、この話と何か関係があるのかもしれない、

と、E子氏は語る。

子猫が家に来てからというもの、

順調に家庭環境は良くなり、

両親はすっかり以前の2人に戻った。

兄はというと子猫が気になるようで、

頻繁に帰省するようになり、

家族全員で1ヶ月に1度は祖母と妹のお墓参りに行く習慣が定着した。

それから数年の月日が流れ、

子猫も大きくなり、6匹の子供を出産した。

今では立派な母猫に成長し、

この一家の守り神として溺愛されているのだという。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする