元刑務官は語る

元刑務官は語る

スポンサードリンク

元刑務官Y氏は語る。

Y氏曰く、刑務官の仕事は本来、受刑者を監視する事ではなく、

受刑者に人の温かみを教えるものなのだという。

そんなY氏は時間に余裕さえあれば、積極的に受刑者と対話していた。

受刑者が話す内容の大半は彼らが犯した罪についてである。

自首した受刑者は「何故、自首するに至ったか」を話すというのだ。

ある受刑者Aの話である。

Aは元々、普通のサラリーマンだった。

その彼が刑務所に投獄された理由は殺人、その相手は自分の妻である。

殺害後、遺体の処理に困ったAは自宅の冷蔵庫にバラバラにした遺体を保存していた。

会社から帰宅すると、冷蔵庫から身体の一部を取り出し、

肉は細かく切り、骨はミキサーで粉砕して、部屋のトイレに流す作業を続けていた。

そんな日々が続いて、身体のほとんどがトイレから流れていった。

最後に残ったのが頭部で、やはりこれを細かく刻むことに、

なかなか踏ん切りがつかなかった。

頭部だけが冷蔵庫にとり残され、数日が経ったある日、Aは夢を見た。

その夢の中で、殺した妻が、部屋のテーブルに俯いて座っている。

かなり深く俯いてるらしく、表情は伺えない。

だが、テーブルに置かれた手が、カタカタと左右に震えていた。

次第にその震えが素早くなっていき、爪が、そして指が千切れて、

テーブルの周りに飛散し始めた。

みるみる内に肘から先がなくなり、千切れた腕からは真っ赤な血が迸り、

骨がカタカタとテーブルを叩いている。

そこで目が覚めたAは、全身を汗でびっしょりと濡らし、

あまりの恐怖に身動きが取れなかったという。

ようやく落ち着きを取り戻し、リビングへと向かう。

すると冷蔵庫が少し開いており、そこから首だけの妻がじーっと睨みつけていた。

驚いたAは冷蔵庫を勢いよく閉じ、扉をガムテープでグルグル巻きにして、封印した。

この時にはまだ、Aは自首を考えていなかった。

冷蔵庫の中にある頭部の処理に躊躇していたAは、

仕方なく新しい冷蔵庫を購入することにした。

購入したのは一人用の小さな冷蔵庫で、店舗に配達依頼はせず、自家用車で持ち帰った。

その日の夢も、同じ場所で妻が座っている。

違ったのは、昨日の終わった時点から夢が始まっていること。

テーブルに座っている妻の腕からは、真っ赤な血が滴っている。

足が床を蹴っている。

その動きが次第に激しくなり、床を蹴る音も

トン・トン・トン・トン・・・

ドンドンドンドン・・・・

スポンサードリンク

ドドドドドドドド!!

と激しくなっていく。

次第に床に血が滲みはじめ、足の肉が飛散し始める。

テーブルの上では腕が振り回され、血をまき散らしている。

Aの頬にも血飛沫が飛んでくるが、身動き一つ取れずにその光景をただただ眺めている。

頭の中では「はやく目覚めてくれー!」と叫んでいたが、夢が終わることはなかった。

部屋中に飛び散った血が、いやらしく光っている。

突然、四肢の動きを止めたと思うと、俯いていた顔が少しずつ上がり始めた。

垂れていた前髪が、頬にへばりついていく。

髪の隙間からは、上目遣いでAを睨む目が見える。

顔が完全に上がったとき、

妻『あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ!!』

妻『わだぢの、がらだを、がえぜぇぇぇぇーー!!』

と絶叫が響いた。

この声で、Aはようやく目を覚ますことができた。

やはり全身に汗をびっしょりとかいている。

この時Aは、冷蔵庫にある頭部の処理をしようと決心した。

ベッドから飛び出し、冷蔵庫の前に行くと、先程の決意が完全に失せた。

あれほど頑丈に巻きつけてあったガムテープが全て千切れ、

妻の頭部が冷蔵庫から転げ落ちていたのだ。

その目は見開かれ、Aをじーっと睨みつけていた。

ここでAは逃げられないと観念し、自首することにしたそうだ。

Y氏は最後にこう締めくくる。

『殺された者の無念はいつまでも生きてるもんだ』

と・・・