誰が言い出した?

誰が言い出した?

スポンサードリンク

とある塾には、男子トイレと女子トイレの他に、もう一つトイレがあった。

教師用のトイレという訳でもないようだった。

そのトイレというのは教室から一番遠い場所、

つまり、塾内の一番奥にあり、そのためか誰も使おうとしなかった。

教師曰く、『幽霊が出るからあのトイレは使うなよー』とのこと。

確かに、そのトイレは誰も使用してないためか、

トイレ入口付近はなんだか薄暗く気味が悪かった。

3月になり、小学6年生の塾生が卒業する日。

教室で生徒の1人がこう言った。

生徒?『塾、今日で終わりだし、授業終わったら、みんなであのトイレに行ってみない?』

何だか面白そうだなと思った生徒達はその提案に乗り、

『ホントに幽霊出るんじゃねー?』

『まさかー』

などと、今日で卒業という解放感もあってか、妙に騒がしくなった。

騒いでいると担当の教師が教室に入ってきた。

最初は生徒達の様子を黙って伺っていたのだが、

例のトイレの話題ではしゃいでいることに気づいた瞬間、彼の表情は変わった。

担当の教師『おい!トイレに行こうって言い出したヤツ誰だ!?』

普段は温厚で笑顔が絶えない教師が、突然大声で怒鳴ったため、

教室内は一瞬にして静まり返った。

名乗り出ようとする生徒は誰一人としておらず、沈黙は続いた。

担当の教師『いや違う。怒ってるんじゃないんだ。』

担当の教師『ただ誰が言いだしっぺなのか、ちょっと教えてくれ。』

沈黙を破って教師は生徒達に問いかける。

生徒A『・・・Bが言ったんじゃない?』

生徒B『俺じゃねーよ。Cが言ったんだろ?』

生徒C『え、俺は誰かが言ったのに乗っただけだけど?あれ?』

誰がトイレに行こうと言い出したのか一向に判明しない。

だが確かに、生徒の誰かが提案したはず・・・だった。

ザワザワザワザワザワザワ・・・・・

次第に騒めき出す教室。

担当の教師『静かに!!』

再び教師は大声で生徒達を制する。

担当の教師『はぁ~・・・やっぱり、誰が言い出したか分からないんだよな~。』

担当の教師『ま、そういう事だから、お前らあのトイレは使うなよー』

それだけ言うと、教師は最後の授業を始めた。