関根勤氏のちょっと怖い体験談

関根勤氏のちょっと怖い体験談

スポンサードリンク

3年前の話なんですけど、娘が初めてテレビに出ることになって、

その番組でロケに行った時の取材が流れるという内容だったんです。

それで僕がスタジオでそのVTRを見るという。

それで準備してトイレに入っていたら、

『遅れましてすみません、関根麻里です。』という声が、

廊下のほうから聴こえるんですよ。

「あれ?今日はスタジオには来ないはずだし、どうしたんだろう?

 あ、挨拶にだけ来たのかな?」と僕は思ったんですね。

初めてのテレビ出演だし、事務所の方がそういう計らいをしてくれたんだな、

って有難く思ったんですよ。

で、手を洗ってドアを開けたんですね。

そしたら『おはようございます!よろしくお願いします!』って、

全く知らない女性が挨拶しているんですよ。

それでその女性がくるっと振り返って、

僕の顔を見た瞬間に『お父さ~ん!』って駆け寄って来たんです。

僕もうゾッとしちゃってね。

全然関係の無い人で、娘でもなんでもないんですよ。

その女の人、俺の娘だって偽って、テレビ局に来ていたんです。

後でわかったことなんですけど、

この女性、スポーツ新聞で「関根勤の娘、関根麻里 明日テレビ出演」

という記事を見て、実行に移したんだそうです。

娘はまだデビューもしていないし、顔も出ていないので、

警備の人も全然わからなかったんでしょうね~。

それで、警備の人がその番組のスタッフに確認の電話して、

『関根麻里さんがご挨拶に参られています』って言うと、

スタッフの方も顔を知らなかったので、

『わざわざ、ありがとうございます。』って言って通しちゃったんですよね。

それで飛びつかれた自分もビックリしたもんだから、警備の人を呼んで、

警備の人と当時の男性マネージャーがその女性を連れて行ったんですよね。

で、そのマネージャーってのが、髪が眺めでパーマをかけてて、

イタリア人になりきれないような感じの男なんですよ。

それでここからは僕も聴いた話なんですけど、

マネージャーと警備の人とその女性の3人でこんなやり取りがあったそうなんです。

警備員『どうしてそんな嘘をつくの?』

謎の女性『お父さんが今日メールで来いって言ったから来たんです。』

警備員『じゃあ、そのメール見せて。』

謎の女性『うちに置いてきました。』

警備員『財布とか免許証とか見せて。なにこれ、名前とかも違うよね?』

謎の女性『友達のです、それは友達のです・・・』

マネージャー『もうやめろよ!俺は関根麻里を知っているんだぞ!』

謎の女性『気持ち悪い・・・エステ行けよ!エステ!!』

そしたら警備員も吹いちゃって・・・

仮に僕が受け入れていたら、その人何処まで演技していたんですかね・・・。