渡辺直美氏の怖い話

渡辺直美氏の怖い話

スポンサードリンク

うちのお母さんは台湾の出身で、

小さな頃から頻繁に台湾に旅行に連れて行ってもらってたんです。

それで台湾に行くと親戚も結構居るので、

親戚の家に泊まることが多かったんですよ。

その時はお母さんの妹さんの家に泊まらせてもらったんですけど、

その家はマンションの5階でした。

同じマンションの3階とか4階にも親戚が住んでいて、

皆が割りと近場に固まって住んでいる感じなんです。

そうゆうこともあって、

毎晩のように皆で集まって宴会をしていたんです。

集まる場所は4階に住んでいるお母さんのお姉さんの家なんですけど。

その日も遅くまで宴会をしていて、

お母さんの妹さんが『私明日仕事早いから、先に帰るわ』

って言って、5階の部屋に帰って行ったんです。

それから1時間後くらいに、

もうそろそろ宴会もお開きにしようか、

ということで皆はそれぞれの家に帰って行きました。

それでお母さんと2人で私達も5階の家に帰ったんですけど、

台湾の玄関というのは二重になっていて、

内側に木の扉、外側に鉄の扉があるんです。

それで鍵を開けようとしたら、

外側の鉄の扉が開かないんです。

中からチェーンがかかっているんです。

「中で何をやっているんだろう?」

そう思いながら扉を叩くんですけど、10分くらい経っても出てこなくて、

やっと中の木の扉が開いたんです。

それで中をよく見てみると、

妹さんが口と手と足をストッキングで縛られた状態で、

震えながら立っていたんです。

妹さんが縛られた状態で中から一生懸命チェーンを開けてくれて、

ようやく扉を開けれたんです。

それで『泥棒が入ってきて、今こんな状態なんだ』と説明してくれました。

それで早く警察を呼んだほうがいいということになり、

電気をつけて中を見ると、

部屋中が荒らされていて、

部屋の中には包丁とかも落ちてたんですよ。

警察に電話をしようとしたら、

家中の回線とかも全て切断されていました。

で、お母さんが私に

スポンサードリンク

『急いで親戚の人を呼んできて!』

って言うもんですから、

私は急いで一番近い4階の親戚の家まで走って行ったんです。

そしたら、階段の踊り場でおじさんが立っていて、

私がすごくテンパっているから、

心配してくれたんでしょうね。

『どうしたの?』みたいな感じで声を掛けてくれたんですよ。

私はそのおじさんに事情を説明したかったんですけど、

台湾語がわからなかったので、

全然言いたいことがおじさんに伝わらなかったんです。

おじさんもこっちが日本語だから、

「ちょっとごめんね、何言ってるか全然分からないから、どうしようも出来ないわ」

という感じで、どっか行っちゃたんです。

私はどうしようもできないから、

早く親戚の家に行かないといけないと思って、

急いで家まで行って、折り返しで、親戚を連れて5階の部屋まで戻ったんです。

それで皆で何か盗まれていないかチェックをしている時に、

お母さんが妹さんに『その人はどんな人だったの?』って聞いたら、

「小太りで青いチェックのポロシャツを着ていた。」

って言ったみたいなんです。

私、台湾語わからないんで、

お母さんが通訳してくれたんですけどね。

私、そこで思い出したんです。

さっき話していたおじさんが全くその姿だったんですよ。

「小太りで青いチェックのポロシャツを着た」おじさんだったんです。

だから私がそこで台湾語を喋れていて、

話をしていたら、もしかしたら殺されていたかもしれないんです。