中華料理店のお土産

中華料理店のお土産

スポンサードリンク

F氏はある日の夕食を、

近所の中華料理店でラーメンを食べて済ませた。

F氏『すみませーん。お会計お願いします。』

店主『いや、いらないよ・・・』

F氏『えっ・・・!?』

店主『今日でお店終わりなんだ。あんたが最後のお客さん・・・』

店主『今まで贔屓にしてくれてありがとうね。これ、お土産。』

と言って、店主は折詰めを2つ差し出してきた。

一瞬、F氏は戸惑ったが、

それを受け取ることにした。

F氏『そうですか~・・・とても残念です。』

F氏『お土産までもらっちゃって、なんかすみません。有難く頂戴します。』

F氏『長い間、お疲れさまでした。』

店主『ありがとう・・・』

店を出て、頂いた折詰めの中を確認すると、

餃子やら春巻やら唐揚げやらが、

所狭しと詰まっている。

とてもじゃないが、

一人では食べきれない程のボリュームであった。

「なんだか得しちゃったな」と、

嬉しい気分になってきたF氏は、

友人Sに電話を掛けることにした。

事の経緯を説明し終えると、

F氏『今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ!』

と、友人Sを自宅に誘った。

すると、しばらくの無言の後、

彼はこう返してきた。

友人S『その折詰めの中身、もう食ったのか?』

F氏『いんや、食ってないよ。なんで?』

友人S『いいか、絶対食うなよ!それから、絶対アパートに戻るな!わかったか!?』

友人S『わかったか!?』

友人S『そうだな・・・これから駅前のコンビニに向かえ!車で迎えに行ってやるから。』

F氏『何?どうしたの?言ってる意味がよくわからないんだけど・・・?』

友人S『説明は後だ。人のいる所が安全だ。コンビニに着いたら電話くれ・・・』

F氏『えっ!?あ、ちょっと・・・』

ツーツーツーツー・・・

友人Sは一方的に電話を切った。

止む無くF氏は駅前のコンビニに向かうことにした。

そして到着するなり、

改めて、友人Sに電話を掛けた。

F氏『コンビニ着いたけど、さっきの何だったの?』

友人S『こっちももうすぐ着く。誰かに後を付けられたりしてないか?』

F氏『大丈夫か?さっきからお前・・・』

友人S『それはこっちの台詞だ。』

ツーツーツーツー・・・

またしても友人Sは一方的に電話を切った。

それから一時間程、コンビニの前で友人Sを待ったが、

彼は一向に現れなかった。

加えて、電話も繋がらない・・・

彼が言った、

スポンサードリンク

『絶対アパートに戻るな!』

という言葉が妙に頭に残っていたため、

その日はネットカフェで朝まで過ごすことにして、

始発で実家に帰った。

その後、友人Sは消息不明となった。

彼と幼馴染である友人Tにも問い合わせてみたが、

『わからない』の一点張りで、

一向に彼の消息は掴めなった。

それから、F氏は実家で半年程過ごしたのだが、

さすがに居づらくなった彼は、

自分のアパートに戻ることにした。

戻ってみると特段、異常は見られなかった。

ある夜のこと。

F氏がアパートの部屋で弁当を食べていると、

隣人である初老の女が訪ねて来た。

隣人『もう、大丈夫なの?』

F氏『なんで、知ってるんですか!?』

隣人『なんでって、それはあんた・・・』

隣人『夜中にガラの悪い男が、あんたの部屋のドアやら壁やらをガンガン蹴ってたんだよ。』

隣人『あたしゃ、もう怖くて怖くて・・・』

隣人『だから、借金かなんかで金貸しとトラブったのかと思ってたのよー。』

隣人『しばらく、あんたの顔も見なかったしねぇ。』

隣人『でも、あんたも戻って来たんだし、これ以上は詮索しないよ。』

F氏『あの、それって、いつ頃のことですか?』

隣人『8月の終わり頃と、先週くらいかな。』

隣人『先週のはしつこく蹴ってたから、さすがに大家さんが「警察呼ぶぞ!」って言ったら、すぐ引き上げたみたいだけどねぇ。』

隣人『・・・・もしかして、知らなかった?』

F氏が苦笑いで頷いくと、隣人は無言で出て行った。

それを聞いたF氏はすぐさま部屋を引き払い、

次の部屋が見つかるまでの間、

カプセルホテルを転々とすることになった。

それから数週間後、

F氏の携帯電話に別の友人Tから連絡が入った。

内容は消息不明だった友人Sが、

自宅の車庫で首吊り自殺を図っていたとのことだった。

友人T『お前に嘘をついていたことを、まずは謝る。』

友人T『実は俺は、お前からSのことを聞かれた時には、すでにアイツが自殺したことを知っていたんだ。』

F氏『なんだって!?どうして・・・?』

友人Tはこう続ける。

通夜の晩、俺はSの親御さんに呼ばれて、

別室で話をしたんだが。

親御さんがおっしゃるには、

自殺する理由がどうしてもわからないそうだ。

で、『あなた、何か知らない?』って聞くもんだから、

俺も『まったく思い当たることがない』と答えた。

すると親御さんは、アイツの携帯電話を俺に見せたんだ。

それを握りしめたまま息絶えていたそうだ。

遺書らしき物なかった・・・

「もしかすると、この携帯電話に何かメッセージがあるのでないか」

そう親御さんは考えて、

俺に確認してくれとおっしゃった。

確認すると、

録音もメモも無し。

次に発信履歴を見たんだが・・・

そこには、●●●という名前がずらっと並んでいた。

だが、それは全部不在だった。

Sは多分、自殺する直前まで、

●●●に電話を掛け続けていたんだろう。

さらに、着信履歴を見たら、

そこには、お前Fの名前があった。

俺は正直に、親御さんに説明した。

「Fという友人から電話があり、

しばらく会話した後、

Sは●●●に電話を何度も掛けたが繋がらなかったようです。

そして、Sは間違いを犯した・・・

その後、FがSに何度か電話を掛けてきています」

とね。

親御さんに、お前のことと、

●●●について聞かれた。

お前のことについては知る限りのことを話したが、

●●●については知らないと答えた。

●●●というのは、

あの中華料理店の名前だ。