会社にかかってきた不可解な電話

会社にかかってきた不可解な電話

スポンサードリンク

これは、とあるサラリーマンの男性A氏が以前勤務していた会社で体験した出来事である。

ある日、彼が勤務する会社に中途採用でBという男が入社してきた。

Bが入社して2カ月が経った頃、妙な電話がかかってくるようになった。

その電話を受けたのはA氏である。

プルルルル・・・プルルルル・・・

A氏『お電話ありがとうございます。●●商事です。』

?『御社に在籍しているB、犯人ですよ!』

最初の電話はイタズラかと思って流していた。

しかし、その日を境に何度も何度もしつこく電話がかかってきた。

プルルルル・・・プルルルル・・・

A氏『お電話ありがとうございます。●●商事です。』

?『御社に在籍しているB、犯人ですよ!』

A氏『いい加減にしないと警察に通報しますよ!!』

?『お願いします。どうか私の話を聞いてください!』

こう言うものだから、仕方なく耳を傾けてみた。

すると、そのBというのは以前にかなり凶悪な犯罪を犯しているとのこと。

?『後日、御社宛に新聞の切り抜きをお送り致します。後は御社の良心にお任せ致します・・・』

そう言って、電話は切られた。

後日、送られてきた新聞記事の切り抜きコピーを元にBに尋ねてみた。

彼はその事実をあっさり認めた。

A氏が勤める会社に電話をかけてきていたのは興信所の人間だった。

遺族からの依頼で、Bが出所してから約10年間に渡って、Bが社会復帰できないように

同じ手口で嫌がらせを行っているのだという。