深夜の異音

深夜の異音

スポンサードリンク

これは大学生Y氏の恐怖体験談である。

彼は当時、古いマンションで独り暮らしをしていた。

家賃は格安、部屋も比較的広めで、バスルームとトイレはセパレートタイプ、

スーパーやコンビニ、駅も徒歩5分圏内にあるという優良物件だった。

加えて、そのマンションは空き部屋が多く、

同じ階にはY氏と、ご年配の女性が住んでいるだけだった。

住居にも恵まれ、充実した生活を送っていたが、彼には一つ悩みがあった。

毎晩深夜遅くに、異音が鳴り響いて良く眠れなかったのだ。

金属が擦り合わさるような…

異音が聞こえてくるのはいつも夜中だったので、

夢の中で聞いているのか、現実で聞いているのか、はっきりとわからなかった。

とにかく眠りを妨げられ、困り果てていたのだ。

異音に悩まされる日々が続いたある日のこと。

Y氏は毎朝配達される牛乳瓶を手に取った時に、異音の正体に気付いた。

スポンサードリンク

「牛乳瓶受けの扉を開ける音」だと。

牛乳が配達されるのは早朝であったため、

配達員によって、夜中に牛乳瓶受けを開けられることはない。

にも関わらず、牛乳瓶受けが開けられる音が聞こえてきていた・・・

ということはつまり、

「深夜何者かが牛乳瓶受けを開け、部屋を覗いているのではないか」

ということになる。

Y氏はその日の晩、この仮説が正しいものかどうか確かめるべく、

一晩中起きていることにした。

深夜0時過ぎまで、テレビを見たり、読書をしたりして、時間を潰す。

そろそろかと思い、部屋の明かりを消して、牛乳瓶受けの部屋側の位置にスタンバイした。

体感で1時間ほど経過した頃、通路をこちらに向かって歩いてくる足音が聞こえてきた。

ヒッタ、ヒッタ、ヒッタ、ヒッタ、ヒッタ・・・・・・・

「来た!正体を絶対につきとめてやるぞ!」

Y氏は心の中で、そう叫んだ。

ヒッタ、ヒッタ、ヒッタ、ヒッタ、ヒッタ・・・・・・・

足音はどんどん近づいてくる。

彼の心臓の鼓動はそれに伴って、だんだんと速くなっていく。

ヒッタ!ヒッタ!ヒッタ!ヒッタ!ヒッタ!

ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!

ヒッタ!ヒッタ!ヒッタ!ヒッタ!ヒッタ!

ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!ドク!

ヒッタ!ヒタッ!

止まった。

彼の立っている位置と玄関の扉を挟んだ、ちょうどその向こうで。

すると次の瞬間、

ギィ~イ~~~イ~

開いた!

通路側の牛乳瓶受けの扉が開けられたのだ!

薄っすらと通路の照明の明かりが、彼の部屋の中にすうーっと差し込む。

間もなくして、その光は何かによって遮られた。

「間違いない。誰かが部屋の中を覗き込んでいる。」

「よぉし!確かめてやるぞ!」

彼は心の中で、決心して部屋側の牛乳瓶受けのところへ顔をやった。

牛乳瓶受けをとおして、向こう側を覗く。

あまりよく見えない・・・

が、だんだんとY氏の目がその状況に慣れてきた。

その時!

通路側から彼を覗き返す二つの白い目と彼の目が合ってしまった!!

動けない・・・あまりの恐怖に彼の体は硬直してしまった。

声を発することすらできないまま、1分程その状態が続いた・・・

しかし、彼の感覚ではその時間はもっと長く感じられただろう。

次の瞬間、

『こ~ん~ば~ん~わぁ~』

老婆のしゃがれた声が、牛乳瓶受けの向こう側から聞こえてきた。

彼はそのまま、意識を失ってしまった・・・

優良物件にも関わらず、マンションの部屋が空き部屋ばかりだったのは、

おそらく、かつてこのマンションで暮らしていた住人も、

Y氏と同じ体験をしたのではなかろうか。

彼もまた早々にその部屋を引き払ったという。