消えた紙人形

消えた紙人形

スポンサードリンク

とある小学生の女の子には密かなマイブームがあった。

それは人形作りだ。

とは言っても、折り紙に人の絵を描いて、

それをハサミで切り抜くという程度の簡素なものだった。

ある日、女の子は王子様とお姫様をそれぞれ3体ずつ、

計6体作った。

それがあまりにも素晴らしい出来だったものだから、

お気に入りの作品となった。

普段であれば、箱に入れてしまうのだが、

自身の掛け布団の上に綺麗に並べ、

ティッシュで人形用の布団まで作り、

一緒に寝ることにした。

翌朝、起きると人形達が見当たらない。

女の子『あれ~?ベットのしたにおっこちちゃったのかなぁ?』

女の子『いませんね~。みなさん、どこですか~?』

女のこ『いたら、へんじしてくださーい。』

探せど探せど、一向に見つからない。

ベットの毛布もマットレスも全て剥がして探したのだが、

結局、人形達は見つからなかった。

親に聞いても『知らない』の一点張り。

ましてや、子供部屋の物を黙ってどうこうする親でもない。

そもそも、昨日は女の子の部屋にも行っていないとのこと・・・

それから10年以上が経ち、

毎年大晦日に、部屋丸ごと大掃除をしているそうなのだが、

未だに人形達の消息は不明なのだという。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする