パンサー・向井慧氏に送られてきた不審なメール

パンサー・向井慧氏に送られてきた不審なメール

スポンサードリンク

パンサー・向井慧氏のもとに登録されていないメールアドレスから、

一通のメールが送られてきた。

(?)

昨日楽しかったね。

昨日撮った写真送って。

しかし、向井氏には全く心当たりがなかったものだから、

こう返信した。

(向井氏)

すみませんが、

アドレス間違っていませんか?

するとすぐさま返信が来た。

(?)

あれ間違えましたか?

私、昨日吉祥寺で向田さんという方と仲良くなったので、

向田さんだと思ってメールしたんですけども・・・

このメールを見て、向井氏はこう思った。

「向田?ちょっとだけ名前が似てる。」

「それに、自分も吉祥寺に住んでるしなぁ」

そして、次のように返信した。

(向井氏)

僕は向井という者で吉祥寺に住んでいます。

色々、かぶっていてびっくりしましたが、

僕は向田さんではありませんので、

また確認して送って下さい。

するとまた返信が。

(?)

そんな偶然ってあるんですね!

良かったらお友達になりませんか?

「急にお友達って・・・」と思った向井氏は、

(向井氏)

お友達になるのは無理ですが、

またどこかで奇跡的にお会いできる事があれば、

その時にお友達になりましょう。

と返信した。

そこで、メールのやり取りは終わったのだが、

一週間後にまた、例のメールアドレスからメールが来た。

(?)

すみません。

実は私、パンサーの向井さんだと知っていて、メールをしました。

向井氏は「うわっ!」と思い、

やはり気持ちが悪かったので、そのメールには返信しなかった。

すると、その一週間後にまたもやメールが来た。

(?)

向井さん。

お家にちゃんとカギかけないとダメですよ・・・

あと、靴はちゃんとそろえた方がいいですよ・・・

そのメールを見て、向井氏は急いで自宅に帰った。

玄関の所まで息絶え絶えで辿り着き、ドアをバッ!と開けると、

玄関の靴が、びっちり綺麗に並べられていたのだという。