夢に現れた父親

夢に現れた父親

スポンサードリンク

ある女性の父親は恵まれない境遇に育ち、

失意のまま、末期ガンで亡くなった。

生前は酒乱でよく暴力を振るう父親であったため、

彼女は父親のことが大嫌いだった。

そんな父親は亡くなる直前、

中卒という自身の学歴にコンプレックスを抱いていた彼は、

毎日のように自身の人生を嘆いていた。

父親が他界したことで、元々から貧しかった家庭はますます貧しくなり、

当時、中学生だった彼女は大学進学を諦め、高校を卒業すると就職した。

就職してから数年後、彼女は大学職員の男性と結婚した。

夫は『今からでも大学に行ってみれば?』と勧めてくれている。

「もう20代半ばも過ぎているしなぁ。」と迷っていた時、

夢に父親が現れた。

夢の内容はこうだ。

彼女が大学のパンフレットを父親に見せると、

『そりゃいい!是非受けてみろ!』

と言わんばかりの満面の笑顔で頷いていた。

この夢がきっかけで彼女は大学受験をすることにした。

結果は第一志望の大学に合格。

入学式の前夜には、父親が嬉しそうな顔で夢に現れた。

学生生活は驚くほどに順調であった。

『父親が見守ってくれているのかな』と語る。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする