精神疾患の彼女

精神疾患の彼女

スポンサードリンク

大学のサークルにTとM美というカップルがいた。

M美は小柄で可愛らしい顔をしている。

だが、いつも顔を隠すように髪を垂らしており、

服装も地味で、

情緒不安定だと感じさせられる言動を頻繁にとっていた。

というのも実は彼女、

精神疾患が原因でメンタルクリニックに通院しているのだ。

こういったことが原因で、

Tは常にM美を気遣っていた。

この二人は突然、ある日を境に、

サークルを辞めてしまった。

厳密に言うと、大学自体を退学してしまったのだ。

やがて、M美はどんどん精神的に不安定になり、

Tもさすがに『面倒見きれない』と、

周囲に愚痴を溢すようになっていった。

冬のある夜のこと。

Tのアパートで二人は大喧嘩をして、

Tはこの時、一方的に別れを告げた。

スポンサードリンク

その後、M美は行方をくらませることになる。

そして、Tの様子もおかしくなっていった。

『口の中に髪の毛が入っている。気持ち悪い。』などと言って、

頻繁に唾を吐くようになったのだ。

やがて、この得体の知れない髪の毛が原因で、

ろくに食事も取れなくなり、

みるみるうちに痩せこけっていった。

それと並行して、

元々、人付き合いがよかったTだが、

友人達とも距離を置くようになる。

一人の友人によると、

ある日、終電を逃した際に一泊させてくれるよう、

懇願したことがあったのだが、

Tはこれは断固として受け入れず、

玄関口でやり取りをしている間中、

終始ソワソワして、上の空だったのだという。

それから程なくして、

一切連絡が取れなくなったことを心配した母親が、

Tのアパートを訪ねて来ることになる。

この時、母親は異常とも言うべき部屋の状態を目の当たりにした。

以前に訪ねた時にはあったテレビ、パソコン、姿見が無くなっている。

洗面所の鏡にはガムテープをベタベタ貼って、

鏡の部分は全てガムテープで覆われている。

部屋の窓ガラスも同様の状態だ。

母親が『これは一体どうゆうことか?何があったのか?』を尋ねるも、

Tは上の空で何も答えようとしない。

尋常ではない息子の状態を危惧した両親は、

実家に帰るよう勧めた。

というよりかは、

半ば強制的にアパートを引き払わせたのだ。

諸々の手続きを終え、

後は息子の帰りを待つばかりだった両親。

だが、待てど暮らせど一向にTは帰って来ない。

業を煮やした両親は、

かつてのTの居住アパートを訪れたのだが、

勿論そこには彼の姿はなかった・・・

その足で、警察に捜索願を提出したのだが、

未だに彼は見つかっていない。

だが、かつての友人の一人が、

こんな発言をしている。

「TがM美の地元で仲良く手を繋いで歩いているところを目撃した」

と。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする