護りをオロシタ

護りをオロシタ

スポンサードリンク

K氏は度々、

金縛りや怪奇現象に遭遇していた。

ある日の晩、

K氏がベッドに入り、

就寝前の読書をしていた時のことだ。

突然身体が得体のしれない強力な力で引っ張られ、

ベッドから引き摺り降ろされ、

そのままドアの近くまで引き寄せられた!

怯えながらも足元を見ると、

ドアから異様に長い腕が生えている。

そして、それがK氏の足首をしっかり握っていた。

「これはマズイ!」と思った彼女は、

知る限りのお経を唱え、

他界した曾祖母に助けを求めた。

それでも尚、足を掴まれている感覚は無くならず、

じりじりと引っ張られ、

足の裏がドアに着いたところで気絶してしまった。

しばらくして、意識を取り戻すと、

そこに例の長い腕は見当たらなかった。

まだ夜が明けていなかったため、

K氏は寝直しすることにした。

うつら・・・うつら・・・し始めた時だった。

『ぎゃああぁぁーーーー!!』

隣の妹の部屋から、

家中に響き渡る物凄い絶叫が聞こえてきた!

「もしや、さっきの腕が妹の部屋にも・・・?」

という考えが頭をよぎり、

布団の中で軽い混乱状態に陥ってしまった。

程なくして、父親が妹の部屋に入ったのが分かった。

父親『どうしたんだ!?』

すかさず、父親はK氏を呼び寄せた。

K氏が部屋に入ると、

妹はベッドの上で泣いていた。

よくよく見ると、

妹の右足が3倍くらいに腫れ上がっている!

すぐに救急車で病院に搬送され、

下された診断は複雑骨折。

妹はベッドの上で寝た状態で、

足の骨が砕けていたのだ・・・

病室で妹は、

『女の人が物凄い力で足を掴んだ』

と、父親に言った。

その話を聞いてハッとしたK氏は、

自分の足を見た・・・

彼女の両足首には手形は付いていなかったものの、

10cm幅程の水疱が出来ていた。

そして、それは妹の足にも同様に。

妹は3ヶ月後、退院することになった。

だが、ここから異変が起き始める。

高校1年生の妹は、

度々、自宅や学校で問題を起こすようになる。

何かに怯え、

自傷行為を繰り返すようになったのだ。

困り果てた両親は、

メンタルクリニック等に通院させることにしたが、

状況は好転せず、

むしろ、悪化するばかりであった。

また、時期を同じくして、

スポンサードリンク

K氏自宅の近隣では火事が頻発するようになった。

ドアから長い腕が現れた日が5月22日。

最初の火事が6月22日、

続いて8月22日、10月、12月、2月と・・・

出火原因は様々であったが、

地図上で確認すると、

三角形を描くように火事が起きている。

ある一軒の家を取り囲むようにして・・・

さすがに3件目の火事から、

近隣住民の間では、

『これはただの偶然ではない!』と囁かれ始め、

2月の火事の後、

自治会で霊能者にお祓いを依頼することとなった。

お祓いの席で、

K氏姉妹は最前列に座らせられた。

K氏は妹が暴れ出したりしないかと、

常に注意を払っていた。

お祓いは滞りなく、終わった。

だが、お祓いの後、

霊能者の口から衝撃的な事実を聞かされることとなる。

この時より40数年前のこと。

狂気に満ちたある男が隣町で、

日本刀を使用した連続殺人事件を起こしていたのだ。

犯人の男は女性ばかりを狙い、

近くの山に死体を遺棄していたそうだ。

その後、犯人は逮捕され、

死刑判決が下された。

だが、その男の生家は未だに残っているのだという。

その家を中心として火事が起こっていたのだった。

犯人の死刑が執行されても尚、

被害者達の怨みは消えず、

こういった事態を招いたと、霊能者は語った。

事件の概要を説明し終わった霊能者は、

K氏達家族に向かって、こう続けた。

霊能者『犯人が使用した日本刀というのは、○○家宅(K氏宅)から持ち出された物です。』

彼女の祖父には心当たりがあるらしく、

これを聞かされ、青ざめた表情をしていた。

続けて霊能者は、

霊能者『犯行に使われた日本刀の対を未だにお持ちですね?

霊能者『非常に危険ですので、即刻手放しなさい。

祖父はすぐに自宅へ例の日本刀を取りに帰り、

霊能者に託した。

日本刀を受け取った霊能者は、

最後にこう締め括った。

霊能者『あなた方姉妹は、これからも見る事になるでしょう。

霊能者『でも、お姉さんは大丈夫。護りをオロシタから。

霊能者『妹さんは少々心配ですが・・・』