少し変わった趣味

少し変わった趣味

スポンサードリンク

D氏は少し変わった趣味を持っていた。

その趣味というのは、

夜中になると自宅の屋上に上がって、

そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察するというもの。

いつもとは違う静まり返った街を観察するのが楽しかった。

遠くに見える大きな給水タンクであったり、

酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーであったり。

夜の暗闇の中でぽつんと佇み、眩しい光を放つ自動販売機なんかを見ていると、

妙にワクワクしてくる。

D氏の自宅の西側には長い坂道があり、

それが真っ直ぐ彼の自宅の方に向って下ってくる形になっている。

従って、屋上から西側に目をやれば、

その坂道の全体を正面から視界に収めることができる。

その坂道の脇に設置されている自動販売機を双眼鏡で眺めながら、

「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて吞気に構えていると、

坂道の一番上のほうから、物凄い勢いで下ってくる奴がいる!

D氏『な、なんだ!?アイツ!』

よくよく双眼鏡を覗いてみると、

それは全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴で、

満面の笑みを浮かべながらこちらに手を振りつつ、

猛スピードで走って来る!

奴は明らかにD氏の存在に気付いており、

何より双眼鏡越しに、ずっと視線が合っている。

少しの間、呆気に取られていたD氏は呆然とそれを眺めていたが、

このままここに居続ければ、大変なことになりそうな予感がして、

急いで階段を下り、家の中に逃げ込んだ!

ドアを閉め、しっかり施錠もした。

D氏『うわー、どうしようどうしよう、なんだよあれ!!』

D氏がしゃがみ込んで怯えていると、

屋上への階段を上る音がした!

スポンサードリンク

ズダダダダダダッ!

どうやら、D氏をを探しているようだ。

「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれぇ」

と心の中で呟きながら、物音を立てないように移動し、

リビングの真ん中でアイロンを両手で握って構えた。

奴と応戦するためである。

しばらくすると、今度は階段をズダダダダッ!下りて来る音がする!

D氏『ヒッ!!』

ガタガタガタガタ震えていると、

ダンダンダンダンダンダンッ!!

と激しく玄関のドアを叩き始めた!

間もなくして、

ピンポンピンポン!ピポン!ピポン!!

チャイムを鳴らし始めた!

チャイムの音に混じって、

奴『ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!』

という奴の呻き声も聴こえてくる。

心臓が一瞬止まったかのように思え、

次の瞬間、物凄い勢いで脈を打ち始めた。

さらにガクガクガクガク震えながら息を潜めていると、

数十秒程経過した後、激しいノックもチャイムも呻き声も止み、

元の静寂な闇に戻った。

それでも尚、D氏の緊張の糸が解けることはなく、

太陽が昇るまでアイロンを構え、その場で硬直していた。

奴は一体何者だったのであうか・・・

もう二度と、夜中に双眼鏡なんか覗くことはしないとD氏は語る。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする