裏山でのキノコ採り

裏山でのキノコ採り

スポンサードリンク

W氏の住まいは田舎なもので、

キノコが生えるシーズンになると、

よく自宅の裏山に採りに行くのが習慣だった。

彼が小学生の頃は、祖父と二人で裏山に登り、

キノコが豊富に採れる場所を教えてもらっていた。

しかし、中学生にもなると一人で登るようになり、

時には友達と登ることもあった。

そんなある日の日曜日。

友達と二人で裏山へキノコ採りに行くことになった。

祖父から教えられた場所や彼の経験上よく採れる場所などを回り、

順調に色々な種類のキノコを採った。

そうこうしているうちに太陽が西に傾き始め、

『そろそろ帰ろうかぁ』と下山している途中、

友達が突如叫んで、その場にしゃがみ込んだ!

木の枝で足を切って怪我でもしたのかと思い、

『大丈夫か!?』と言いながら、W氏は友達に近寄った。

しかし、友達の様子がおかしい。

友達はなぜか上の方向を見つめ、怯えている。

W氏もつられて友達の視線の先に目をやる。

W氏『うっ!!』

そこには首吊り死体が2体ぶら下がっていた。

あまりの驚きに声も出せない・・・

視線も外せないまま、その場に硬直してしまった。

しばらくそれを見ていると、死体の違和感に気づくW氏。

それは人間の死体ではなく、マネキンだったのだ。

W氏『おい、よく見てみろ。あれマネキンだ・・・』

友達『えっ!?・・・あ、ほんとだぁ』

W氏『ったく!イタズラにしてはタチが悪いだろ!』

そう言いながら、そそくさと下山した。

先程のことをW氏の父親に事情説明すると、

『そのままにしておくわけにもいかないな』ということになり、

脚立と手斧、枝切りハサミを持って、

3人でマネキンを片付けるため、再度裏山に登ることになった。

父親が脚立に上がり、W氏と友達は下でそれを支える。

父親は手際良くマネキンの首のロープを切って下に落とした。

そして、それを3人でW氏の家の納屋へと運ぶ。

しかし、そのままの状態で保管してあると誤解を受け兼ねないため、

極力バラバラに砕いてから廃棄しようということになった。

マネキンが着ていた粗末な服を剥いだ。

するとマネキンの腹部に赤ペンキで大きくこう書いてあった。

「このマネキンを下ろした人間は死ぬ」

それを見て、その場にいた全員は一瞬にして凍りついたのだという。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする