ドライブ中に起こった不可解な現象

ドライブ中に起こった不可解な現象

スポンサードリンク

ある夏の深夜、男二人がドライブを楽しんでいた。

いつもの海沿いの国道を流していると、新しくできたバイパスを発見する。

それは山道で、新しくできる造成地へと続いているようだった。

ちょっと行ってみるかということになり、30分ほど車を走らせたのだが、

どうやら迷ったらしい・・・

引き返そうにも、途中から林道に入り込んでしまい、どこで分岐したのか分からない。

また深夜ということもあり、周囲は辺り一面が夜の闇。

それでも何とか舗装道路に出ることができた。

幸い照明灯もあり、少しカーブになった場所で車を止め、地図を確認することにした。

友人が地図を見ている間、

L氏は缶コーヒーを買おうと停車位置から見えた自動販売機に向かった。

後から考えると、非常に不思議なことだった。

車も通らない、民家もないような場所に、その自動販売機はポツンとあった。

「道路灯があるのだから、電気は来ているのだろう。」

その時はその程度にしか考えていなかった。

自動販売機は稼働していたが、大半が売り切れだった。

無理もない。

こんな辺鄙な場所ゆえに、業者も補充に来ないのだろう。

コーヒーのボタンを押すと、赤いランプが点灯する。

喉が渇いていたため、とにかく端から順に販売中のボタンを押していった。

しかし、押せども押せども売り切れ表示。

その間、2、3分くらいだったろうか。

最後のボタンを押し終えると、振り向きざまに車中にいる友人に声をかけた。

20メートル程の距離があった。

友人の姿が見えない。

急いで車に戻ると、車内はもぬけの殻だった。

友人は忽然と姿を消している。

辺りを見回して、大声で叫ぶが、自分の声だけが響き渡った。

友人がどこへ行ってしまったのか見当もつかず、車内で待つことにした。

不安を紛らわすため、カーラジオをつけたが、電波状態が悪く受信しない。

カーステレオのカセットは電源が入らない。

しばらくするとラジオのノイズが急に大きくなった。

スポンサードリンク

ザザッ!ザーーーーー、ザザザザッ!!

瞬く間にに耳が痛くなり、手で塞いでも雑音が頭に響いてくる。

もう限界だ!

脳がノイズをシャットダウンするかのようにL氏は気を失った。

明け方、友人の声で目が覚めた。

L氏は昨晩、何が起こったのか分からなかったが、

友人も相当混乱しているのが見て取れた。

少し落ち着いて、お互いの身に何が起こったのかを話し合った。

友人は、L氏が自動販売機の前で苛立っているのを眺めていたそうだ。

そして、L氏が最後のボタンを押した瞬間、

L氏の姿がパっ!と消えたのだという。

驚いて車から出ようとしたが、ドアロックを解除できずにいると、

やがてラジオが鳴り出した。

L氏も体験したあの耳をつんざくような不快な音にやられ、

瞬く間に失神したのだという。

L氏『それより、ここどこだよ』

彼らは山中の空き地らしき場所にいた。

もう道路などそこにはなかった。

幅一車線もない獣道を辿って、ようやく車道に出た。

この間、二人ともほぼ無言だった。

友人『どうやら、俺ら昨日の場所から50キロも離れた所にいるみたいだな・・・』

友人は道路標識を見ながらそう呟く。

磁場の強い場所では時空の歪みや電波障害などが発生しやすく、

彼らが体験したような現象が時たま発生するのだという。


スポンサードリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする