【絶対にやってはいけない!】異世界の扉を開く方法

【絶対にやってはいけない!】異世界の扉を開く方法

スポンサードリンク

以下に記述することは、

あくまで都市伝説である。

しかし、これを読んで実践し、

万が一、異世界の扉を開いてしまっても、

私は一切の責任を取ることはできない。

『絶対にやってはいけない。』とだけ言っておく。

また、周囲の人間や関係者などに、

迷惑を掛ける行為も控えて頂きたい。

スポンサードリンク

【紙を使った方法】

5cm×5cmの紙に六芒星、

その中に「飽きた」と赤で書いて枕下に敷いて寝る方法

書き終えた紙を持って寝る。

翌朝に紙が無くなっており、

尚且つ、今までと空気が違っていたり、

日常に変化が起きていれば、成功。

元に戻す方法はない。

<説明>
翌朝、持っていた紙が無くなっているのは、

紙が消滅したということではなく、

自分が異なった世界の自分と入れ替わったということになる。

<逸話>
朝、起床すると、

部屋の雰囲気に違和感がある。

間もなくして、急に体がガタガタ揺れ出す。

地震ではなく、自分だけが激しく揺れている。

もう一つの違和感がある。

目の前に何かが居る・・・

明らかに人間ではない。

形もない。

だが、そこの空間だけが真っ黒になっている。

やがて自分はその「真っ黒」に引っ張られていることに気付く。

「これ」に連れて行かれないまいと、

無意識のうちに必死で抵抗しているのだった。

【エレベーターを使った方法】

1.エレベーターに独りで乗る。

2.次にエレベーターに乗った状態を維持して、

  4階→2階→6階→2階→10階の順に移動する。

  注)この際、誰かが同乗して来ると失敗

3.10階に着くと、降りずに5階を押す。

4.5階に着くと、若い女が乗ってくる。

  注)この女に話し掛けてはならない

5.女が乗り終えたら、1階を押す。

6.するとエレベーターは1階に降りず、

  10階に上昇していく。

  注)上昇している最中に、別の階を押すと失敗

    但し、止めるのであれば、この時が最後の機会となる

7.10階に到着すると成功。

  ※こちらの世界に戻ってくる方法はわからない。

成功を確かめる方法は、一つ。

その世界に、自分しか居なければそこは異世界だ。

そこからどうなるのかは、誰にもわからない。

ただ一つ言えることは、

5階で乗って来る女は、

この世の者では決してないということだけ・・・

【電車を使った方法】

1.米を10粒用意する。

2.東京にあるA駅から乗車し、

  H線のK駅で下車する。

3。ホームをH方面へ歩いて行くと、

  鉄格子の中に盛塩が置かれているので崩す。

4.T線に乗り換え、T駅で下車する。

  ホームをS線乗り換え方面へ歩いて行くと、

  盛塩が置かれているので崩す。

5.再度、T線に乗り換え、K駅で下車する。

  改札を出た「4a出口」の階段下に、

  お米を10粒置く。

6.H線に乗り換え、K駅方面行に乗り、

  T駅で下車する。

7.ホームをT寺方面へ歩いて行くと、

  鉄格子の中に盛塩が置かれているので崩す。

8.最後に、今一番したいことを頭に思い浮かべつつ、

  リラックスしながら、H線に再度乗り換える。

※何も起きなかった場合は、

 米を回収し、

 崩した盛塩を元通りに整える。

※何かが起こった場合は、

 こちらの世界に戻ってくる方法はわからない。