トンネル入り口に立つ黄色い人影

トンネル入り口に立つ黄色い人影

スポンサードリンク

W氏を含めたバイク仲間の3人が、

ゴールデンウィークの休暇を利用して、

ツーリングでY県T村に行った帰りのことである。

W氏はS県在住の男性。

Y県から帰るにはS湖付近を経由することになる。

S湖に続く国道には、幾つかトンネルが存在する。

夜の10時頃のこと。

バイク仲間3人は適当に各々流して、

道の駅で待ち合わせにしようということになり、

W氏が先頭を切って、道を流して行った。

とあるトンネルに差し掛かろうという時、

トンネルの入り口付近に黄色い人影が見えたように思えた。

W氏はよく同じくらいの時間帯に、

このトンネルを通過したことがあったが、

人間が立っているのを見掛けたのは、

この時が初めてであった。

「ゴールデンウィークだから、夜の山で星でも見てるのかな」

と思い、特に気に留めることもなく、

トンネルに進入した。

そのトンネル内部というのは、

事故防止のためであろうか、

路面が白く塗装されている。

出口が見えてきた時、

またもや出口付近に黄色い人影が立っているのが見えた。

入り口付近で見た人間と同じ服装だったことから、

「こんな時間に交通量調査でもしているのか?」

と、W氏は少し不思議に思った。

そうこう考えているうちに、

やがてトンネルを抜けた。

抜けた瞬間、先程までとは打って変わって、

辺り一面、霧で覆われており、

5M先の視界も利かない。

W氏『うわっ!何だこれ!?何も見えない!』

次の瞬間、

W氏は急ブレーキを掛けて、停車した!

トンネルを抜けて最初のカーブは左に折れるはずだ・・・

だが、目の前にあるのは右に折れるカーブ。

W氏『おかしいな・・・』

「自分の勘違いだったかもしれない」と思い、

道なりにカーブして行くと、

急に正面から車のライトが視界に入って来た!

W氏『うわぁーーー!!ぶつかるーーー!!』

なんとかブレーキは間に合い、

既の所でバイクは停まった。

その時、

音楽を聴いていたイヤホンからノイズが聴こえてきた。

ザッ、ザザーー、ザッ、ザーーーーー、ザザ

よくよく聴いていると、

ノイズに別の音も混じっているようだった。

ザッ、ッチ、ザザーーー、アト、ザーーー、ザザ

ザッ、モウ、ザザーーー、スコシ、ザーーーーー・・・

急停車したW氏の所に、

残りの2名のバイクが追いついて来た。

2人『どうした?なんでこんな所で止まってるんだ?』

W氏は、先程までの出来事を話した。

後日、W氏は昼間にこの道を車で通った。

その時、彼はゾッとすることになる。

カーブは、やはり左に折れており、

あの日、彼が車のライトが見えて急停車した位置から、

約10M先はガードレールがなく、

崖になっていたのだ。