ゆっくり侵食する霊

ゆっくり侵食する霊

スポンサードリンク

芸人Y氏が怪談話を披露するイベント中に体験した話だ。

このイベントというのは芸人が数人集り、

順番に怖い話をしていくという形式のものである。

お題が怪談話ということもあってか、妙な現象がイベント中に次々と起こる。

例えば、突然壁を叩く音がしたり、舞台上に設置してある蝋燭が突然真っ二つに割れたり。

こういった現象が起こり始め、『やばいなあ・・・』と一同心配になりながらも、

中断するわけにもいかず、イベントは続行された。

最後に出演者で集合写真を撮ろうという事になった。

出来上がった写真を全員で見てみると、何の異常もなく普通に撮れていた。

そう、芸人Y氏を除いては・・・

その写真に写っていた芸人Y氏の姿は、

首から上だけが写っておらず、完全に首なし状態であった。

さすがにこれはマズイという事になり、霊能力者に見てもらうことになった。

霊能力者曰く、これは完全に霊の仕業であり、

芸人Y氏に中年女の霊が憑りついているとのことだった。

厳密には憑りついているというよりも、

芸人Y氏の首から上が、その中年女の局部に入り込んでいるのだと言う。

首から上がずっぽりと入っている。

しかも今まさにどんどん入り込んでいる状態であるのだと。

ただ、全く害はない。

後日、別の霊能力者に見てもらうと、

その話しを全く知らないにも関わらず、全く同じことを言う。

『あなたの首から上が局部に入り込んでいる』と。

半年後に改めて、最初の霊能力者に見てもらうと、

その霊能力者はこう言った。

霊能力者『現時点で、あなたの腰まで入っています。』

霊能力者『半年前から状態が進行して、腰のところまで入っています。』

霊能力者『一定のスピードでゆっくりと進行しています。』

霊能力者『ただ、全く害はありません。』