夜の海に漂う存在(モノ)

夜の海に漂う存在(モノ)

スポンサードリンク

E氏は子供の頃、小さなで漁村で育った。

ある日、近くの海で海難事故が発生した。

転覆した船に乗っていた乗組員たちを捜索するために、

猟師たちはみんな漁を中断し、

沖へ探しに行くことにした。

結局、転覆した船は発見されず夜を迎えた・・・

奇跡の生還というやつを唯一の希望にして、

小さな漁港の小さな堤防で、

目印の火を朝まで焚くことになった。

堤防に集まっていた人たちも翌朝の捜索を控えていたので、

数人を残してそれぞれが家路へとついた。

E氏の父親『さっ、俺達も帰るぞ。』

父親に手を引かれて帰ろうとしたその時・・・

遭難した乗組員の母親である老婆が『・・・きた!』と発した。

みんな驚いて振り返ると、

堤防の先端にピチャ、ピチャ、という水の音・・・

その音が焚き火にだんだんと近づいてきた時、

老婆が『寒かったべ、火にあだれぇ~』と、

海に浮かんでいる存在に声を掛けた。

その場にいた全員が凍りついた表情で固まった。

E氏にはその時、何も見えなかった。

周りの大人にも何も見えていなかったという。

だが、「何か」が確かに海の中に居るのは全員わかっていた。

老婆『明日、みんなで見っけでやっから、心配すねぐでいい・・・』

翌朝、老婆の息子が岸寄りの所で、

網に引っ掛かった状態で発見された。


スポンサードリンク

よろしければシェアしていただけると励みになります。

フォローする