モラハラ男から救った守護神

モラハラ男から救った守護神

スポンサードリンク

H子氏がモラハラ男と交際していた時のことである。

念のため、「モラハラ」について説明しておこう。

「モラハラ」とは「モラルハラスメント」の略であり、

肉体的な暴力ではなく、

言葉や態度等によって行われる精神的な暴力のことである。

モラハラを日常的に受けた人間は、

ある種危険な洗脳状態(マインドコントロール状態)に陥ってしまい、

最悪、メンタルクリニック等へ通院し、

長期療養を必要とする場合がある。

この行為を行う人間の特徴として、

最も多く挙げられている代表的なものが、

「社会的地位が高い人間」、「高学歴な人間」とされている。

さて、ここからが本題である。

モラハラ男は交際以前は優しくて明るい人物であった。

しかし、交際が始まると次第にH子氏に対する態度が変わっていった。

いきなり態度が豹変したのではなく、

だんだん、だんだんと飴と鞭を使いわけるように、

じわじわと彼女を洗脳するようにそれは始まったのだ。

初期段階では優しく嫌味を言うことから始まり、

次第にそれはエスカレートしていき、

交際開始から半年後には、暴力を振るうようになった。

所謂、「ドメスティックバイオレンス(DV)」へと発展したのだ。

この頃、H子氏は「私が悪いから怒られるんだよね」と、

思い込むようになってしまっていた。

ねっとりとした嫌味と軽い暴力が繰り返されていたある日のこと。

モラハラを受けたH子氏が罪悪感に苛まれて謝罪していると、

彼女の脚をモラハラ男は革靴を履いた状態で踏み付けようとした。

だが、踏まれる寸前、

モラハラ男の頭部に鳥の糞がボトッと落ちた。

空を見渡しても鳥など、どこにもいない・・・

スポンサードリンク

別の日。

モラハラ男の部屋で一緒に過ごしていた時のこと。

他愛のないことで男は怒り出し、

H子氏に向かって手を振り上げた瞬間、

棚の上に置いてあった物が落下し、男の頭部を直撃した。

この時、男は棚の近くに居たわけではなかった。

これ以外にもH子氏の窮地を救うかのように、

不思議な現象が相次いだのだ。

モラハラ男が熱いお茶をかけようとした瞬間、

コップの取っ手が破損し、自身に熱いお茶がかかる。

ライターを投げ付けようとした瞬間、

自然にライターが着火して、

その火が衣服に燃え移り、軽い火傷を負う。

菜箸で挟んだゆで卵を投げつけようとした瞬間に、

卵が突然爆発して、破片が右目を直撃し負傷。

SNSにH子氏の誹謗中傷を書き込もうとして、

スマートフォンが故障するなど・・・

こういった現象が次々とモラハラ男を襲うようになり、

やがて男は心身ともに疲弊していった。

そんなある日、モラハラ男はH子氏にこう言った。

モラハラ男『最近、夢に変な婆さんが出てくる』

その日の晩、

H子氏の夢にも聞き慣れない方言を使う、

見知らぬ老婆が現れて、こう言った。

老婆『あぁあぁ、いだましいこどっ。えぇっこっんな痩せちまっで…ひょろひょろでねぇの。』

老婆『ほんだからなんどもいってっぺぇ、あ゛んなろぐでもねおどこやめっで、なっ』

妙に印象に残る夢だった。

続く